パプアニューギニアの伝統文化

やっぱりここでもパプア感全開…パプア国立博物館!

1/4

昨日閉館していた

パプア国立博物館に行きます。

今日は果たして開いているのか…?

 

だいたいこういう時って日本人なら

「電話で確認すれば...?」

って発想になりますよね。

 

しましたよ、しました。

だけど大体パプアのこういう

電話って機能してないんですよ…。

 

航空会社しかり、

ホテルしかり、商業施設しかり。

 

大体電話をかけてもコール無しで

ブツっと切れちゃいます…。

 

なので大体ホテルの予約とかは

Eメールで行われることが多いんです。

※僕が良く行くワリンディリゾートも電話は通じますが予約はメールで行います。

 

とにもかくにも行ってみないと

開館してるかわからないので

行ってみましょう。

 

すると…

開いてました開いてました(笑)

入場料10キナを払って入場です。

※平日:無料、土日:10キナ

 

もっとしょぼくて汚い

感じの博物館かと思っていましたが、

フツ―にきれいな場所でビックリしました(笑)

HP↓詐欺ではなかったですね。

 

ただ、

やっぱりパプアはパプアなので、

展示品の仕方はかなりユニークです。

 

はい。

これはハーゲン(山岳)地方の

ビルム(パプアのバック)なんですが、

こいつの次は…

ハーゲンのビルム(同じ)。

 

そして次も…

全部おんなじ(笑)

 

どんだけレパートリーないんだよ…

 

最初は

『模様によってつくられた州が違うのか…?』

とか思ってたんですが、説明書きを見ても

生産地は全部同じ。

 

うん。

ごめんよ。

期待した僕がバカだった…。

 

 

しかし、この博物館、

パプアにしてはかなりちゃんとした

博物館でいろんな種類の展示品、

説明書きも一応はあってなかなか良かったです。

↑東ニューブリテン州のシェルマネー。

このサイズで100キナ(3,000円)らしいです。

※この州の隊員、小田さん情報

 

結構良かったんですが、

問題点が一つだけ。

パプアをよく知らない人にはキツイ。

 

僕らパプア隊員はどの州がどこにあるのか、

それぞれの州がどんな州なのかは

大体把握してますが、

これを全く知らない人が、

『東ニューブリテン州のシェルマネーです』

と言われても全く理解できないですよね(笑)

 

しかもパプアの

こういう伝統的な装飾品、工芸品って

木を掘ったものや加工したものが多いので

全体的に茶色っぽくて飽きてきちゃうんですよ…

全部1970、80年代のものだし。

(すっげぇ古い…!ってなものはほとんどない。)

 

形がユニークなので何とか飽きずに見れましたが…

 

解説が文字だけ

なのでわかりづらいし…

せめて州の位置だけでも

図で示してくれないと

文字情報だけで外国人が楽しむにはかなりハードルが高いです…

↓こんな感じでね。

 

ですが、

パプア隊員にとっては

見たことのない州の民族衣装を見れたり、

その展示品がどこの州のものか

予想してみたりと、楽しめたので

良かったです。

↑現存するここに人がいた証拠となる最古の土器、

ラピタ土器。

 

こいつには地図が展示されてました(笑)

やっぱり3,40年前のものとは貴重さが違ううてことか…

 

はい。

てな感じで、ほとんどの方が、

パプアについてあまりよく知らないと思うので、

各州の民族衣装が一堂に集まった動画と

記事を下に貼っておくので良かったらぜひ。

ミニカルチャーショーの動画を投稿しました!

日本よ。これがパプアだ。(PNG民族衣装スペシャル①)

日本よ。これがパプアだ。(PNG民族衣装スペシャル②)

日本よ。これがパプアだ。(PNG民族衣装スペシャル③)

日本よ。これがパプアだ。(PNG民族衣装スペシャル④)

 

 

 

 

以上、パプア感全開の

ミュージアム、パプア国立博物館の記事でした!

 

 

-パプアニューギニアの伝統文化

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.