パプアニューギニアの伝統文化

パプアの文化について(結婚相手を買う!?)

今日は語学の授業だと思って教室に行ってみると
オリエンテーションに急きょ変更・・・

PNGのいろんなことを聞きました。
特に印象に残っているのが・・・
PNG出身のJICAスタッフ:アランのPNG文化紹介
IMG_20180126_235719[1]
↑ゴツくて優しい気さくなナイスガイ:アラン

PNGではほんの70年ほど前まで
服とは何か知らない状態
だったそうです。
今でも昔の習慣を引き継いでいる部族は多く
(さすがに服は着てます・・・)
ユニークな部族がたくさんいます。

PNGでは、部族が違っても話す言葉が同じであれば
一つの村を形成して暮らしていたようです。

しかし、そこから
5km離れると言葉が通じない
とのこと(笑)そのため、日本の1.2倍ほどの面積に
800以上の言語・部族が存在するらしいです。

その中でもアランの部族は結婚の仕方がユニークな
部族でした。
アラン曰く、
”I bought my partner”
「私は奥さんを買いました」

とのこと。

一瞬、人身売買!?ともとれる表現ですが、
その真意は非常にロマンチックなものでした。

アランの村では結婚をする際、男性は女性の家に
自分の持っている全てを捧げてお嫁さんをもらう
とのこと。そのためアランは自分の全てである
豚(まるごと)、バナナ(200本)ドンキーコングか!
現金30,000ドル(300万円)等を捧げたとか・・・

本人は” buy "(買う)というシンプルな表現をして
いましたが内容はまさに”捧げる”・・・
PNGの文化の奥深さを知りました!

-パプアニューギニアの伝統文化

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.