パプアニューギニアの伝統文化

え?これ、マラリア? パプア伝統のマラリア対策やってみた。

2018/02/22

今日は朝から頭痛がします。
月曜から鼻水がちょいちょい
出ていたんですが・・・

念のため熱を測ってみると
37.3℃。

平熱です(笑)

同僚たちに聞いてみると・・・
みんな口をそろえて
それマラリアだ。
そのうちドーン!と熱と
関節痛がくるぞ!」と言います。

 

風邪っぽいのは全てマラリアと決め
つけるなぁ・・・
(昨日の一件で皆の情報に対する信用がない)

と思いながら帰って熱を測ると・・・
38.2℃
ま、まぁ・・・昼暑かったし誤差だろ…

と思って1時間昼寝して再測定。
39.0℃

あ、やべ。ドーン!来た、これ…
普通に関節も痛いです。

焦ってJICAの健康スタッフに連絡。
ひとまず解熱剤を飲んで様子を見ます。
声が元気そうだし予防薬も飲んでいるので
多分普通の風邪だろうとのこと。

そのことをうちの寮の住民に話すと・・・
そりゃ、やばい!
スチームだ!スチーム!

と言ってきます。

ここ西ニューブリテン州では
ポポ(パパイヤ)の葉と
レモングラスを茹でて、
その湯気を吸って
汗をかくとマラリアが

体内から出ていく
と信じられています。

IMG_20180222_193605

面白そうなのでやってみることに・・・
(↑何だかんだ元気です)

汗をかきやすく&湯気を吸いやすく
するために鍋の周りをブランケットで
覆って5分間深呼吸します。
IMG_20180222_194701
IMG_20180222_194651

あやしい・・・

(フツーにレモンの匂いがしました)

これで終わりかを思っていると、
このお湯でワスワス(シャワー)だ!
と言ってきます。やってみると、
ただの黄色いレモンの匂いがする汁
をひたすら浴びまくるという
シュールな絵面に・・・

IMG_20180222_195528
まぁ、体があったまったので良いです。
皆、ポポの葉っぱとかレモングラスを
採って来てくれてありがとう!

 

↓この3か月後、また熱出します(笑)
そして今度は草を食います…

パプアの伝統療法ひととおりやってみた。

 

-パプアニューギニアの伝統文化

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.