パプアニューギニアの伝統文化

ポポのたね食ってみた

3/8

今日はMr.ワトゥスからもらった

ポポ(パパイヤ)を食べました。

 

ここパプアではポポの木は至る所で

生えています。そして、マラリアに

なった時にポポを食べると全身から

マラリアの原虫が体から出ていくと

信じられています。

 

地域によって詳細は異なりますが、

ポポは食べるだけでなく、葉っぱを

茹でてその煙を浴びればいい(体験済み)

とか、茹でた汁でシャワーをすればいい

(体験済み)とか、葉っぱを食べたほう

がいいとか、汁は浴びるのではなく飲んだ

方がいいなどなど・・・

 

様々な言い伝えがある様です。

 

その中でも、今回は一番お手軽なのを体験。

それは・・・

ポポのたねを食べること。

たねを3,4粒食べるとマラリア原虫が

出ていくらしいです。

 IMG_20180220_194134

4粒以上食べたらどうなんの?

と聞くと、どうやら元気になりすぎてしまう

から食べないんだとか・・・
滋養強壮効果でしょうか・・・?

 

とりあえず1粒食べてみます。

見た目はタピオカみたいで、食感はやわらかく、

中心の部分が少し硬い感じです。

しかし味は・・・

なんか辛い。

もっと苦いのかなと思っていましたが、

胡椒を口に入れたようなスパイシーさが

あります。あんな甘い果物の種がこんな味

なのか・・・

 

まずくはないけど辛いので1粒でやめときました。

今のところ滋養強壮効果は出てません()

-パプアニューギニアの伝統文化

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.