パプアニューギニアの伝統文化

日本よ。これがパプアだ。(PNG民族衣装スペシャル④)

9/13

ミニカルチャーショー2日目。

 

今日は
昨日と同じ感じで

進むのかなぁ~

と思ってました…。

 

いや~、

甘かったですね。

 

昨日のあれだけで

ここら辺の民族をコンプリート

できたと思っていたのは
大きな間違いでした
()

フツ―に
新しいヤツおるし
()

 

こいつの名前は
ビリリ。

ホスキンスのあるナカナイ地方に住む

精霊的なサムシングです()

DSC_4396

このブログのロゴにいるアイツの

モチーフはこのビリリ。
ロゴ(背景白)
↑アイツ。

 

うちの学校のロゴにもなってますね。

IMG_20190617_114907

実はこのビリリ、

ホスキンスとキンベ街までの
間地点が主な生息範囲
(めっちゃ狭い)かつ、

ガ―リップナッツが採れる
時期にしか現れない
激レア精霊
なので、
なかなか写真が
撮れなくて困っていたんです
()

 

道で見るビリリは

全員ちっこかったので

中の人は子どもが
なるもんだと思っていましたが、

大きいビリリもいるようですね()

DSC_4430
↑疲れてへちゃげるビリリ。

(そら暑いわな・・・)

 

モサモサしていて

かなりお気に入りになりましたね()

大満足です。

 

 

この他にも昨日は見られなかった

西ニューブリテンの部族も数多く登場。

DSC_4287
↑こいつは多分ビリリじゃないけど
インパクトは抜群のサムシング。

(ナカナイ部族なんだが、皆名前は知らない。
たぶん、ヒジキかなんかの精霊。)

 

さらには
西ニューブリテン州
南端の地区、

カンドリアンの部族も登場。

DSC_4372

交通手段が
車をハイヤーして数時間
船で数時間かけていく
しかない地方
なので
かなり激レアな民族衣装です。

(全員が全員カンドリアン出身ではないそうですが…)


頭の装飾に力を入れた衣装でしたね。

DSC_4361

 

さらに、

西ニューブリテン州以外にも

この2日目に本気を出してくる民族が続々出現。

 

昨日は見られなかった

ミルンベイ州

(州都:アロタウ)

DSC_4417

パプアの観光都市アロタウがある州。

東ニューブリテン州に次いで

2番目にJICAボランティアの数が多い州です。

DSC_4427
アロタウには美人が多いかつ、

離れ島には変わった文化を持つ民族が

多い事で有名。

 


 

昨日とは

明らかに本気度が違う
モロベ州
(州都:レイ)

の民族衣装。

DSC_4386
ステップもなかなか独特で
写真映えしますね(笑)

地味にカンドリアンの衣装と

似とるけど、まぁ…そこは気にしない方向で。

 

 

サザンハイランド州

(州都:メンディ)

DSC_4333
昨日よりも人数が増えとる!

やっぱりハイランドの民族衣装は

フェイスペイントが一番ユニーク。
DSC_4379

一番インスタ映えしそうな色してますね()

 

イースタンハイランド

(州都:ゴロカ)

マッドマンの数も増えてました!

DSC_4307
↑真ん中の奴がなんかもっとるけど、
それは気にしない方向で。
(明日の記事で説明します。)

なんか、
1匹はぐれとるやつ↓おったけど
大丈夫かお前ら?
DSC_4304

 

ど迫力、
東セピック
(州都:ウェワク)

のフェイスペイント集団は

2日目で人数をさらに増して登場…。

DSC_4345
ハイランド勢とは違う路線のインパクトがありますね。

 

 

こんな感じで

2日目も全力投球だった

ミニカルチャーショー。

 

パプアに来て初めて

民族衣装で感動したイベントになりました()

(ビリリの存在がデカかった)

 

彼らの実際の動きや雰囲気は

近いうちに動画にあげるので

お楽しみに!

 

以上、

西ニューブリテン州だから

見られる最高に贅沢な

カルチャーショーでした!

 

 

 

-パプアニューギニアの伝統文化

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.