青年海外協力隊の活動

実験祭りじゃー!①(夏休みのお子さんの自由研究にぜひ笑)

6/14
学校は相変わらずのやる気の無さです。
今日1時間目に行ってみると、
IMG_20180614_080303
2人(笑)

あらー。こらやべぇか?
と思っていたら、みんな外にいました。
IMG_20180614_085538
どうやら昨日
「実験するから、葉っぱとって来いよ~」
といわれたのを覚えていたようです。

もちろん普通に遅刻のやつもいますが…

今日の実験は双子葉類の分類。
維管束植物・被子植物・双子葉類は
植物の中でも一番大きなグループです。

僕はあまり植物が得意ではないので、
植物の名前を言うことは不可能ですが、
どのように見分ければいいかは知っています。

花でも見分けれますが、
今回はどの時期でも見られる葉っぱを
使います。

おんなじように見える葉っぱですが、
IMG_20180614_080348
左から・・・
葉っぱの端がなめらかなもの。
ギザギザ(鋸歯)になっているもの。
葉脈が同じ場所で分岐しているもの。
交互に分岐しているもの。
葉脈が次の葉脈に繋がっているもの。
繋がっていないもの。
葉脈がふちまで達しているもの。
達していないもの。

などなどよ~く見てみると、
葉っぱ1つでいろんな違いがあります。

日本のウェブサイトなら
この情報から植物を同定できるかも?
(あんまやっとことない。)

「黒板に書いたはっぱの特徴
全て持ってきてスケッチしろ!」

というのが今回のアクティビティ。

もちろん一枚の葉っぱに何種類かの
特徴が入っているので、とってきた
葉っぱによってはスケッチする枚数も
変わってきます。
IMG_20180614_083001
↑結構真剣にやってくれました。

そして、スケッチにはかなりの時間
が必要です。特にパプアの生徒なら
なおさら時間がかかります。

そこで今回は、鉛筆でトレース
する方法を採用しました。
IMG_20180614_082050
”フロッタージュ”という美術の
技法らしいです。(前の職場で
美術の先生から教えてもらった。)

生物的なスケッチとしてはNG
ですが、今回は「形と葉脈」
に観察対象を絞ったので採用しました。

これなら彼らでも素早く正確に
葉っぱの特徴を記録できます。
(押し花にしてもいいですが、
多分しばらくしたらなくす。)

おんなじような葉っぱでも
よく見たら違いがあるんか!
ということに気が付いて、
ちょっとでも彼らの視界に入る
景色が変わればなぁ・・・
と思っています。

今回はこの実験と並行して
植物の分類の復習をしました。
パプアには日本のように模試が
ないので、一度習ったことは
それ以後ノンタッチです。

こんな感じで1学期2学期で習った
ことを実験をしていけば、
いい復習になるかなぁ~・・・
と思いながらやっています。

明日も違う実験をします。
お子さんの夏休みの自由研究のネタに
困ったらぜひ!(気がはやい。)

-青年海外協力隊の活動

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.