青年海外協力隊の活動

実習生の指導ってムズイな…(授業が盛り上がらない・間延びしてしまう人へ)

7/26
今日から教育実習生の授業が始まります。
ここに来て3日目でいきなり授業って大変だな…

しばらくは僕が授業・教材を作って
それをMrアーケが使いまわすことになりました。

なので今日は
自分が作った授業を
他人がやってそれを観察する

という珍しい状態に…

多分日本だったら実習生に授業を作らせるから
結構レアな体験です。

監督をしてみてまず思ったことは…
AD7EC65D-D187-4A17-A319-E33A5BA83810
俺の絵、うまくね!?笑
絵画は描けませんが、イラストは描けます。

前々から生徒は僕の絵をどう思っている・
どう見えているんだろう?
と思っていましたが、これ見やすいわ笑
これなかったら生徒きついだろうなぁ…
(生徒の大半は教科書を持ってません)

と自分の絵は置いといて
Mrアーケの授業の授業です。

今回の授業は前回授業の復習問題。
問題演習をやる上での注意点は
パプア人は結構シャイ&見てくれにこだわる
ので生徒はなかなか問題にトライしないこと。

(間違ってたら消すのがめんどくさい&汚れるから)

なので、答えがたくさんあるような
ブレインストーミング、
答えの順番がかっちり決まった問題
は生徒はなかなか答えを書いてくれません。

答えがわかっていても書こうとしないので
こっちとしては生徒の理解度が把握しにくいです。

そんな時の対処法は
1 生徒の状態を見て・聞いてどこでつまづきやすい
のか把握

2 ちょっとしたヒントを出して生徒の考えを後押し
(ヒントが自分の答えに繋がりそうなら答えを書き始める、
全然方向性が違うなら別の答えを考え始めます)

多くの生徒が勘違いした答えを書いているようなら
「こういう勘違いもあるから気をつけてね〜」
と誤答を全体に示してやるとそれがヒントになります。

3 いい答えがあればそれをピックアップ・発表させる
(そんなことはあまり無いですが…)
たまにシャイな子でもいい意見を書いている子が
いるので、そんな時は指名して発表させると
シャイ度がちょっと下がります。

ということをあらかじめMrアーケにも
説明したんですが…
69DE98E6-226B-4932-8116-504D3AB38948
やっぱいきなりはムズイか…

悪くは無いんだけど、
面白く無い授業をやってしまった時に発生する
展開が間延びする・生徒の反応が悪い
授業になっちゃいました…

同じ授業を僕もしていたんですが、
彼も授業の直後で見にこれてなかった
のが痛かったですね…

まぁ、いきなりなので難しいのはわかるんですが、
授業後に何か気になることあった?
と聞くと「いや、特には無かったです!」
と気にしていない様子でした…

う〜ん…
気づいてないのか、気にしてないのか…

まぁ、細かいっちゃ細かいテクニックです。
始めから言い過ぎて自信を失うのもあれなので
徐々に指導していきます…

あと4週間あるので。
パプアの教育実習も日本とは違って
なかなか面白いですね笑

-青年海外協力隊の活動

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.