パプアの冒険

ダミの冒険①(途上国の上流地方コミュニティー)

この記事では先日の
コメントでいただいた
「パプアの英語の使用頻度」について
言及していますので、参考にしてください。

2019/04/01
今日は山﨑君と峰松さんと
一緒にダミへ行きました。

UPNG(パプアニューギニア大学)
の日本語選択生徒ベネさんの
話し相手になるのが目的です。

まぁ、単純にダミがいい村だから
もっと見てみたいっていうこともあるけどね(笑)

今回は街からダミへ
PMVで来たわけですが、
着いた時点から問題発生。

ここでおろされてしまいました。
無題

ここからのダミへの行き方は
わかってはいるんですが、
いかんせんPMVの運転手が
ダミ村へ行かないことが多いので、
今回は手前のオイルパームでおろされてしまいました。

ラス狩られる
危険があります…
(ラスカル:強盗集団に狩られるの意。)

しかし、どうしようもないので
歩いてダミの村の方に行くと、
後ろから*ブアイをキメた
若い男2人が近づいてきました。

(*ビートルナッツ(合法ドラッグ的な木の実))

基本的にこういうやつらの
相手はしたくないんですが、
他のヤツにラス狩られるよりマシなので、
テキトーに言いくるめて
ダミの村まで
エスコート
させましょう(笑)

こういうブアイを決めたような奴らは
テキトーにピジン語でしゃべっていれば
「おぉ、ブラザー!」
となって
コントロールしやすくなります。
(酔っぱらいに話しかけているような感じなので
めんどくさい感じは我慢しないといけません。)

基本的に、
パプアの現地民は英語はわかりますが
ピジン語の方がメインです。

小難しい英単語を使うと
話が通じなかったりするので、
ピジン語で伝えられることができるのであれば
そっちで話した方が会話がスムーズに進みます。

(公用語は英語だけど、オフィシャルな
場面以外は
ピジン語の方が多い印象です…)

こういう時にピジン語マスターの
山﨑君が活躍できるはずなんですが、
彼はスパークしたパプア人の相手が嫌い
(僕も正直嫌いだけど…)なので、
今回は僕が何とか話をつけて
(テキトーにブラザーになったフリをして)
ダミまで案内させました。
※山﨑君は「僕ピジン語話せないんで~」の一点張り。
↑山﨑君から意味を教えてもらったピジン語は山ほどあるのに…くっそ!(笑)

僕的にピジン語は
身を守るための手段だと思ってます泣

(ラス狩られそうになってもワンチャン
ピジン語で仲良くなれれば大丈夫なんじゃないか?
と思ってる。あとは英語によるディスコミュニケーションを減らすため。)

 

そんなこんなありながら、
再びやってきました
ダミリサーチセンター!

B60C2A50-CBFD-4307-A0BD-E862541802DD

まずは、僕は前回行きましたが、
もう一度ダミの村を一周することに。

前回、僕が気になっていた
ことは聞きつくしたつもりでしたが、
山﨑君が幼稚園の存在、
峰松さんが病院の存在に
言及したことで…

ダミ内に
エレメンタリースクール
クリニックがあること
がわかりました。

(やっぱ一度来た場所でも、他の人と一緒に来ると新しい発見とかがあって面白いですね(笑))

まずは、
クリニックに行きます。
IMG_20190401_103006

結構小さな建物でしたが、
中はとてもきれいでいい感じの
プライベートクリニックでした。
6F2C72E5-05E3-4E78-83AC-9C9B7157A28B

峰松さんいわく、
キンベジェネラルホスピタル
(峰松さんたちの勤務先)よりも
薬の管理が適切に行われていたらしいです。
IMG_20190401_103054
流石、ダミの村がしっかりしているというか、
キンベジェネラルホスピタルがだらしないというか…(笑)

お次は
エレメンタリースクールへ。
98EACDB2-8A74-4FCB-AF7A-DC6BE7B4F47B
パプアのエレメンタリースクールは
日本でいう年長園児、1年生、2年生
を面倒見ています。

何だかんだ遠くから見たことはあるものの、
ここまで近くで見たのは初めてなので
いい経験になりました。
A9A58278-F8B5-4473-951E-C5C432FB75AF
↑結構狭い教室。

IMG_20190401_111104
↑板書は基本英語。
(学校は基本的にオフィシャルな場なので。)

でも彼らに英語が伝わっているのか
どうかはかなり微妙…

エレメンタリー卒業後はみんな
隣村(結構近い)のブルマ小学校
に行くようです。
(ホスキンスからもこの小学校に行く子が多い人気学校)

こんな感じでダミ内をくまなく
散策したわけですが、
一番すごいな~と思ったのが、
ゴミ箱の数!

IMG_20190401_105937

至る所に設置されていて、
各家庭の前に1つずつ。

集会所のような人の良く集まる場所にも
設置されているので、基本的に落ちている
ゴミの数が少ないです。

ダミは結構他の地域の
人が入ってきにくい場所にあることと、
(村は基本的に境界(ゲート)で仕切られてます)
各家庭に1つずつあるため、
ゴミ箱を設置しても
誰もゴミ箱を盗まないので、
これが成り立っているのかもしれません。

※移動できる共用物をパプアで置いておくと基本的に
盗まれます。(時計、机イス、ゴミ箱等々)

何というか、
ここは地方の小さなコミュニティですが、
かなりの上流階級コミュニティーの
雰囲気が漂ってます。

ここに引っ越したい(切実)

さて、村の中を散策した後は
ナンビス(ビーチ)に連れて行って
もらえるようです。

 

②へ続く。

ダミの冒険②(ミーペラ ゴロ ナンビス!)

 

前回の訪問はこちらから↓

他とはちょっと違う村、ダミに行ってみた①(原生林?の残る村、ダミ。)

-パプアの冒険

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.