パプアの冒険

イースターの大冒険【人々の生活編】

3/30のイースターの大冒険の人々の

生活編です。

 

自分の住んでいる

ホスキンスセカンダリースクール周辺は、

教員住宅、学生寮が大半を占めているので、

学校関係者以外の人とかかわる機会は

ほとんどありません・・・

 

なので今回は、初のホスキンス周辺で

オイルパーム、ヤシの木のプランテー
ションの中で暮らす人々の暮らしを
初めて目撃しました。

 

Mr.グニギムが案内してくれましたが、

基本的にここら辺に住んでいる人達は、

嫁の実家だとか、妹が嫁いでいった所だ
とかで皆知り合いです。
そして皆森の中に住んでいます()

 

この先に村があるのか…?と思うような森の

ど真ん中に家が数個入るぐらいの空き地を

作っているのが特徴です。ほとんどの場合、

木造の壁、トタンの屋根が一般的な家なの

ですが、今回見た村の家は

葉っぱを乾燥させて
編み込んだ壁と屋根
でした・・・

 1

正直かなり驚きました()

 

彼らは海のすぐ近くに住んでいるので、

木で作ったカヌーで漁に出ます。

 2

左が昔のやつで、右はバランスをとるために

工夫が施されています。左のやつはよく

ひっくり返るらしいです(笑)

継ぎ目が見当たらなかったので一つの

木材から切り出したんだと思います。

 

大きさは違いますが、パプアのいろんな

部族がこんな形のカヌーを使っています。

『カヌー』という形の行き着く先は

これなんでしょうか・・・

 

彼らは夜に漁に出て、朝魚を焼き、

マーケットで売るとのこと・・・

よくこの電気のない世界で夜行動しようという発想が生まれるな…

 ※ここでは下手をすると目を開けても
閉じても景色が変わらないことがあります

ここホスキンスでは魚が貴重で、

すぐに売り切れるそうです。

 

16時ごろここに来ましたが、この時も

数人漁に出てました。すぐそこで魚が

ぴょんぴょんはねるくらい魚はたくさんいます。

 4

矢印の部分は明らかに波の様子が違って、

無数の鳥が集まっていました。
聞いてみると、漁師たちが

マグロを追い込んでいるらしいです。

※ここの人たちはすぐに「ツナ!ツナ!」と

口にするので信用できませんが・・・

 5

漁師たちの釣りの仕掛けはいたってシンプル。

糸に針を付けて投げ込むだけ。砂浜に木の棒を

突き刺して獲物がかかるのを待っている

パターンもあります。

 

漁師以外にも、バナナやココナッツを森で採って

暮らしている人たちもいます。下の写真のお母さん

は教師らしいですが、マーケットで自分たちが森で
採ったバナナも売っているらしいです。

 2

そしてココナッツは油をとるため?
に乾燥させてあるのか、

おびただしい数のココナッツ
が並べられている場所が森のあちこちにあります。
森の中に不意に現れるので、正直不気味です…

最初は驚きました()

 7

 

こんな感じで

彼らの一日は基本的に漁や、収穫をしながら

おなかがすくとイモと魚を浜辺で焼いて食べる。

というものらしいです・・・↓

 6

お金いらんやん()

 

こんな感じで豊かではないですが、パプア人
は食べるものには何の不自由していません。
なので・・・

「本当に発展する意思があるのか!?」

と思うことが多々あります。

 

良くも悪くもパプアが発展している姿を

僕はイメージできません()

 

-パプアの冒険

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.