パプアの冒険

イースターの大冒険【戦争の遺物編】

3/30イースターの大冒険の戦争の遺物編です。

ここパプアニューギニアは第2次世界大戦の
時、日本軍が戦った場所として有名で、
今でもあちこちに当時の飛行機や戦艦、車
が残っています。

ここホスキンスにもたくさんの戦争の遺物
がある様です。今回は陸上の物だけ紹介。
※水中にもあるらしい・・・

一つ目は日本軍のトラック。
1
普通に森の中の道にありました。
よくこんな高温多湿・激しい雨・強い日差し
の環境で残っているな・・・と思いました。

二つ目は完全に茂みの中にありました。
Mr.グニギムが周りの草を刈ってくれました。
よくこの場所がわかるな・・・と思いました。
2

3
日本軍のジープらしいです。
さっきのと違って損傷が激しいですが
エンジン?ぽいのが見えます。

三つめは物ではなく、生き物です。
5

このでかいカタツムリ。日本軍が食料として
パプアに持ち込んだものらしく、それが
野生化したそうです。

こんなの日本にいないよ!?
とMr.グニギムに聞くと、シンガポールか
マレーシアからとってきたものらしいです。
でけぇ・・・

4

ここホスキンスには西ニューブリテン州の
玄関口になっている空港がありますが、
この空港を建てる時も、不発弾やたくさんの
銃弾を除去したそうです。

色々見ましたが、戦争は人の命を奪うだけで
なく、ゴミは出すわ、生態系壊すわ、片づけ
に時間がかかる&危ないわで本当にいいこと
がありませんね・・・

なんか、日本にいる頃の戦争学習よりも
戦地になったパプアでの学習の方が記憶に
鮮明に残る気がしますね(笑)

ここの戦争の遺物は『展示されていない』
からか・・・?

-パプアの冒険

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.