ジョーダンみたいな事しか起きない国の総まとめブログ!

パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記)

青年海外協力隊の活動

パプアには生物を教えるのに必要なもんが全部ある。

10/2

授業準備中

あることに気付きます。

IMG_20191002_135155
今回の授業おもんねぇな…

 

今日のトピックは

植物の二次成長。

 

縦だけじゃなく

『横にも植物は成長してる』。

ってやつです。

そして、

『新しい細胞は外側ではなく、

内側に向かって作られていく』

という事を伝える必要があります。

 

一番伝えるのが難しいのは
植物は
外方向に太くなっていくのに
対して、新しい細胞はその逆方向、

⇒内側に生み出されるという事。

※内側に新しい細胞が作られた後、

各細胞が肥大するので、外方向に太くなっていっていく

 

 

イメージしやすい植物の成長方向と

実際の細胞が作られる方向が

逆なところが何とも説明しにくいです。

(↑日本語でも説明しづらいわ…()

 

 

 

ようは、

『新しい細胞は内側にある』

ということを証明すればいいので、

なんかよさげな植物が生えてねぇかなぁ…

と思って学校を探してみます。

 

茎を切った時に断面の

中心部分の方が若い感じになってる

植物ってあるのか…?

 

そもそも、

そんな都合のいい植物があるわけ無…

IMG_20191002_100212
あったわ()

 

流石パプア。

捜索開始わずか数分で

発見してしまいました()

 

名前は知りませんが、

結構大きい単子葉類の葉っぱですね。

茎も太くて切りやすい。
IMG_20191002_140229
ちゃんと断面も層構造になってて〇。
正確に二次成長と言えるかは別として

マジで神ってる…。

 

こいつの良い所は、

まず、こう見た時に

上の方と下の方、

どっちが新しい葉っぱなのか

一目でわかる事。
IMG_20191002_134823

 

もちろん上の方の葉っぱが

より若いわけですが、

じゃあ、一番下の葉っぱを

とってみると…

IMG_20191002_134906
そうなんです。

葉っぱと茎がつながっていて

一番下の葉っぱをとると

一番外側の茎の層も
一緒にとれちゃうんです
()

 

つまり、

『一番古い細胞が一番外側にある』

のが目で見てわかります。

 

この11層、

葉っぱの11枚が

二次成長(横方向の成長)の

証拠になっていて、

この植物は段階的に4回2次成長を

したことを示してます。

IMG_20191002_135108
※伸長成長の1種かもしれませんが、そこはご愛敬で…

 

そして

若い葉っぱほど、

内側の茎の層とつながっているので、

『新しい細胞は外側ではなく、

内側にどんどん作られていく』

ことを視覚的に見せることができますね。

 

マジ神植物。

しかも生物室前に大量にあるし。
IMG_20191002_100131

 

「内側ほど若い細胞だぞ!

覚えとけ!テストに出すぞ!」

とだけいうのは簡単なんですが、

実際にそれを証明できる、

目で視覚的に示せるものがあると、

納得して理解しやすいですよね。

 

生物はこんな感じで

目で見て実物を示せるトピックが多いので

教えるのが一番楽です()

 

生物を教えるだけなら、

このパプアの環境が一番なんだけどなぁ…

 

それ以外の環境が

お世辞にもいいとは言えないので

やっぱ日本に帰りたいです()

 

以上、

雑に授業改善しようとしたら

秒でいいもの見つけたよ

って話でした!
IMG_20191002_130943

 ↑説明後はこんな感じで汚くなるけどね…

 

 

-青年海外協力隊の活動

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.