ジョーダンみたいな事しか起きない国の総まとめブログ!

パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記)

青年海外協力隊の活動

チームパチスタの栄光。(グロ注意。心臓の解剖)

6/12/

明日は最後今学期最後のテストです。

テスト前に範囲ではないトピックをやるのも

あれなので、心臓の解剖(演示実験)をやりました。
IMG_20190611_132713
↑カメラ(写真左上)に指かかってんぞ?の顔。

 

去年も同じことをやったんですが、

久しぶりにやってみると、

案外解剖のコツとかを忘れていたので、

ちょっと羊の心臓のデータを残しておこうと思います。

(グロイのが苦手だという方はここから先は

オススメできません。ご注意ください。)

それでは、やっていきましょう。

チーム・パプアチスタの栄光

気分は心臓外科医です。

ロゴはおふざけで作りました。

 

執刀医:服部

助手:ブレンディ

でやっていきます。

IMG_20190612_173257
↑あくびしとる。

 

まずはこれが羊の心臓。
IMG_20190612_173407

哺乳類系はみんな2心房2心室?

(日本語忘れた)の心臓なので、

ほとんど構造的には人間の心臓と同じです。

 

心臓は握りこぶしぐらいあるそうですが、

こいつもおなじぐらいでしたね。

 

↑線の部分に右と左を分ける仕切り

Septumがあります。(※ごめんなさい、日本語知らない…)


脂肪とかがついていて
見分けがつきにくい時もありますが、

それっぽい所を押して
ゴリゴリしていると
そこが仕切りの部分
です。

 

明らかに仕切りが左方向に偏っているので、

これが正面。(たぶん。)

 

左心室(向かって右下方向)は

全身に血を送るポンプの役割を

しているので、高い圧力を生み出すために

筋肉も大きくなっています。

 

切って断面を調べると、大きさだけではなく、

壁の厚さも分厚いのがわかりますね。

IMG_20190612_173657
↑こっちが右心室。(壁が薄い)

 
IMG_20190612_174122
↑こっちが左心室。(壁が厚い)

 

 

 

パプアの生徒は平面で心臓の断面図を

見せられても、血の流れを想像するのが

苦手なので、実際にどこから血が入って

出ていくのか見せます。

IMG_20190612_173437
↑これが血管の位置。(上から見てます)

指を通して大静脈から…

(⇒右心房⇒右心室)⇒肺動脈へ抜けます。
IMG_20190612_173448

 後ろにでっかい心臓の断面図を貼って

説明・解剖しましたが、

「これは何?」と聞くと、

十中八九間違えてくれるので、やって正解でした。

 

 

開いて中を見てみると、

白いすじすじとつながった薄い膜が

見えます。これがです。

IMG_20190612_174139

教科書だとこんなに薄いことはわからないので、

実際に見せると、「どれが弁!?」となって面白いです。

 

はい。こんな感じで、

演示実験をしました。

 

手が汚れるのが難点ですが、

パプアでは羊の心臓がお肉コーナーで

たくさん売っているので、

この実験は非常にやりやすいです。

 

片づけは助手がやってくれるしね()

IMG_20190612_174350

 

以上、

心臓の解剖、演示実験の話でした!

 

 

 

-青年海外協力隊の活動

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.