パプアの冒険

他とはちょっと違う村、ダミに行ってみた③(パプアトップ1%?の大学生はこんな感じ)

2019/03/27 午後5時ごろ

はい。ダミ編ラストです。
IMG_20190327_163614

散歩から戻ってきたわけですが、
散歩中の会話から感じたことは、
彼女の要望は日本語での会話
というよりも文法のようです。

「敬語とかの文法を教えてほしい」と

言われたときは絶句してしまいました(笑)
(敬語とか、今が人生で一番話せん時期な気がする…)

 

大体の動詞、形容詞、会話なら
わかっているようです。

流石言語能力にたけたパプア人…
(大体みんな最低でも3つの言語を話せます)

パプアに来てから
フツ―に独り言を日本語で言うように
なっているので、それにも反応されてビビりました…

(イライラしたらフツ―にパプア人に向かって
日本語で悪口を言うこともあるので気をつけなくては…)

 

そして、やっぱ僕には
この任は重いです(笑)

岡山弁が出ちゃう…(笑)

 

のびのび話そうとすると
砕けすぎた表現になるし、
ちゃんと話そうとするとカタコト
な感じになってしまうので気持ち悪い…

ここは大都会出身の山﨑くん
と峰松さんの出番ですね(笑)

まぁ、僕のポンコツっぷりは
置いといて…

このベネさんは
IMG_20190327_164203
UPNG(パプアニューギニア大学)
に通っているわけですが、
専攻はなんと考古学!
(考古学を学んどる人に生まれて初めて出会った。)

留学生に選ばれる
ぐらいなので、

相当頭のいい学生さん
のはずです。

 

そこで

『なぜ日本語を
外国語として選択したのか』

聞いてみると…

「考古学を専攻しているのが一つの理由。
パプアにはいろいろな
日本の戦争の遺跡が
あるから、
それを日本に伝えたりできたら

いいな~と思ったから。
だそうです。

 

なにそれ…。

深いな…パプア人が語る理由とは思えない…

以前のUPNGで聞いた理由の大半が
「日本の漫画やアニメに興味を持ったから」
なわけですが、

なんか格が違うな…
と感じました。

 

この他にも、
『パプアの教育に
ついてどう思う?』

と聞くと…

「教科書の内容がいつまで
たっても同じなのがおかしい。
最先端の内容を取り入れた
教科書を作るべきだと思う。」
等々…

 

パプア人とは思えない
受け答えをする
学生さんでした…

こんな学生さんでも
ダミにずっといるのは
ちょっともったいないですね。

ダミはとても良い所ですが、
やはりパプアなので、
することが全くありません。

タウンに行くことも
ほとんどないそうなので、
昨年の9月からずっと
このダミにいることになります。

そりゃあ、
ヒマじゃわな…

IMG_20190327_172902
↑5歳の妹の面倒を見てるらしい…

何というか、
パプアの
トップ層の人って、

いくら高みに行っても
最後に戻ってくる場所が

自分の出身の村なので、
ギャップがすごそうですね…

ダミはオイルパームで儲かっていますが、
他の村だったら、電気も水道もないだろうし…
生活するのが大変そう・・・

やはり、
パプアで優秀な人材になるためには
どこかパプアっぽさから
逸脱しないといけない

部分もある気がしてなりませんね…

パプアの国を動かす・
支えるような人は
どこかパプア人とは
違うような人。

何とも言えない感じです。

急激に文明を発展させると
こういう障害が出てくるんですね…

やはり発展というのは難しいことだよなぁ~
とベネさんとの会話の中で
ふと感じました。(小並感)

会話も終了後、
ホスキンスに帰るわけですが、
やはり、PMVがうまく拾えず、
結局彼女のお兄さんがやっている
PMVを呼んでもらってなんとか帰ることができました。
IMG_20190327_182842

やはり、西ニューブリテン最大の
問題は交通網。

頻繁に通うことは
かなり難しいので、時々
ダミに遊びに行くような感じで
関わっていきたいですね。

以上、
西ニューブリテン州に住む
パプアNo1大学の学生さんに
会いに行ったお話でした!

 

↓3ヶ月後。またこの村に戻ってきます。

ダミの冒険①(途上国の上流地方コミュニティー)

 

↓戻る。

他とはちょっと違う村、ダミに行ってみた②(オイルパームは超儲かる!?)

 

 

-パプアの冒険

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.