まとめ・お役立ち情報

インクの節約方法。(パワーポイントってすごいよねって話。)

3/8

今日は学校の昼休みに

時間をもらってインクの節約方法

を先生たちに紹介しました。

IMG_20190308_095847

パプアに来て改めて気づいたことですが、

オフィスのソフトの中でも
PowerPointは群を抜いて

使い勝手がいいです。

 

以前は文書を作成する際は

Wordを使っていたのですが、

プリントやちょっとした図を作るのであれば

PowerPointの方がWordよりも

便利な機能がたくさんあります。

文字が動かせたり、

図の移動が楽だったり↓

2
 

思い通りのレイアウトをしたいプリント

作成にはPowerPointの方がWordよりも

時間が短縮できる&ストレスフリーです。

3

Wordの場合、文字との関係性

(文字列の折り返しなど)をいちいち

指定してやらないといけないのでめんどくさい。

 

今回はそのPowerPointの中でも

途上国でも使えるインク節約術を

紹介したいと思います。

 

先日も記事にしましたが、

途上国のプリンターでは

基本的に黒のインクがなくなりがち。

印刷機のインクの色は基本的に

シアン、マゼンタ、
イエロー、ブラック

4で作られるので、

何かのインクが無くなれば、

残ったインクの色で文章や
図を作成すれば
印刷が可能です。

IMG_20181115_100805
↑うちの学校では、

黒よりもスクールカラーである

黄色のインクが早くなくなることが多いですね()

 

まぁ、要はすべての図と文字を

プリンターに残されたインクの色に

変えてやればいいわけですが、

ここで問題になってくるのが、

図の色。

4
PowerPoint内で作った図や、

スキャナーで取り込んだ図を使う場合は

こいつらの色も変えてやる必要があります。

PowerPoint内で作った図の色に関しては

図が全部入るようにドラッグで全部を選択、

3.55

図形の枠線の色を指定してやればいいんですが、

これだと、文字を入れているテキストボックスの

枠まで色がついてしまうのでめんどくさいです。

7

なので、僕がいつもやっている方法は

図となる図形、テキストボックスを全部選択後、

右クリック⇒図として保存

5

そして、その図をPowerPointに

貼ってやると、PowerPointが
勝手に
背景と文字・図を識別。

01
文字と図だけ色を

変えることができます。

 

 

スキャナーで取り込んだ本など
の図の場合、真ん中にとじめの影が

入ってしまい、インクを消費してしまうので、

白い図などでこの影の部分を隠し、

9

色を指定してやれば、
スキャナーで取り込んだ図も

色を変更することができます。
8
(また、インクを節約するという面では、

純粋な黒で印刷するよりも灰色にして

印刷してやった方がインクを

倍以上長持ちさせることができます。)

 

 

この「図として保存」の機能を使えば、

教科書等の図とかも写真で撮って

パワーポイント内で編集、

図として保存することで、

テストやプリントに使う図を

簡単に作ることができます。
10

↑データとして残せるので結構オススメ。

教科書の図が入ったCDなどがない

途上国では結構使えるテクニックです。

「図として保存する」ことで

PowerPointが重くなるのを

防ぐこともできます。

 

Wordに慣れている方は

いちいちテキストボックスを

挿入するのがめんどくさいと思われる

と思うかもしれませんが、

そんな感じのよく使うテキストボックス

や図形は1つだけ横っちょに出しておいて

コピペすればサクサク効率化できますよ。

no title

まぁ、それは置いといて…

パプア内でも、オフィスの入った

パソコンを持った人はたくさんいるので、

こんな感じの裏技?的な

テクニックを教えてあげると、

「オー、マイグットネス!」

と言って喜ばれるので、

オススメです。

 

途上国の

職場のプリンター関係で

問題がある人はぜひお試しください。

 

-まとめ・お役立ち情報

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.