まとめ・お役立ち情報

外国人のお隣さんにあげる日本のお土産はこれ!

1/20午後
Mrグニギムの家に行きます。

いつもお世話になっているので
日本で買ってきたお土産を
渡します。

今回買ってきたお土産はこちら。
IMG_20190120_220558
摩擦で消える
フリクションペン。

以前に峰松さんが
日本に帰った際に購入。
隣人に渡した際、
結構喜ばれたそうなので、
買ってみました。(40本)

このペンの利点は以下の3つ。
・安くて手に入れやすい
・かさばらない
・日本の技術力の
高さを感じてもらえる

です。

唯一の欠点は
日本の伝統っぽさがない所ですが、
どこの国でも絶対に使ってもらえる
ものなのでオススメです。
(伝統を重視の人は100均で
売っている扇子がオススメ)

Mrグニギムは
5人の子どもがいるので、
勉強にも使ってもらえると思って
チョイスしました。
IMG_20180330_150425_1

早速、デモンストレーションしながら
渡してみると・・・

大ウケでした。

まるで魔法を見ているかのように
目をキラキラさせて喜んでくれました。

うれしいですね。

現在パプアでは、
鉛筆・消しゴムを使う生徒はおらず、
(売っていることは売っているんですが、
使う文化がありません)生徒達は
フツ―のペンと修正液でノートを
取っています。

IMG_20181004_092302

ここで問題がひとつあり、
修正液は値段が張るので、
全員は持っていない
ということです。

授業中もテスト中も
誰かに修正液を貸してもらいながら
ノートをとったり、問題を
解かないといけないので大変です。

隣同士で貸し借りするのはいいんですが、
遠くの席へは修正液を投げて渡す
のが当たり前。

日本ではよく、
「物が飛び交うクラスはひどい」
と言われますが、
ここパプアでは日常の風景です。

日本だったら、ペンがどっか行ったじゃ、
誰々に当たったじゃ、なんじゃかんじゃと
言われますが、そこはさすがパプア。

みんな運動神経が高いので、
すさまじいコントロールとキャッチングスキルで
めったに床に落ちたり、変なところに
行くことはありません。

そんな感じのパプア人からしたら、
フリクションペンはまさに画期的な
ペンでしょうね・・・

1本120円ですが、
ここでペン(1キナ)と修正液(3~4キナ)
を買うのと大差ありません。
*1キナ=30円ちょい

パプアでフリクションペンの工場作って、
この値段で売ればバカウケすること
間違いなしなのになぁ・・・

まぁ、それは置いといて、
とにかくMrグニギム一家に
喜んでもらえたので良かったです。

皆さんも外国へのお土産に困った時は
ぜひお試しください。

-まとめ・お役立ち情報

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.