まとめ・お役立ち情報

パプアの交通事情。

パプアに派遣が決まった新隊員の方から

コンタクトをもらったので、1記事書きます。

バイク隊員として派遣が
決まったらしいのですが、
パプアの交通情報について知りたい
とのことです。

ということで今回の記事は、

「パプアの交通事情」

写真がうまく揃ってませんが、

がんばって書きます笑

パプアでは、活動のために

バイクを付与される隊員も結構います。

(交通網が弱いので…)

環境隊員や、エイズ・感染症対策、
青少年活動なんかはバイクでいろんな村を回って
活動するはず・・・

派遣前に日本でバイクの免許をとって、
パプアで本格的に乗り始めるという隊員もいます。

僕も一応バイクの免許は持っていますが、
(ペーパーだけど・・・)
パプアで乗り始めるのは少し勇気が要るかな…?
と思います。

なぜなら、
パプアの道路は左車線、
で日本と同じなんですが…
IMG_20180606_150023
信号が全くないのと…

IMG_20180310_135317
道がガッタガタだからです。

信号は首都には少しあるものの、
地方にはほぼありません。

じゃあ、どうやって交差点に
侵入するかというと、日本ではあまり
メジャーではありませんが、
「ラウンドアバウト:環状交差点」
が首都にはあちこちにあります。

こんな感じ↓の円形の道路に
(真ん中にモニュメントなんかがあります)
「右から車が来ていなかったら行け。」
という感じで侵入。いい感じのタイミングで
その円の道路から離脱することで
交差点と同じ要領で移動できることになります。
88A43C62-7AD4-43EA-8CAD-31855ADECB91
僕はいつもこの離脱するタイミングが見ていても
わかりません(笑)

出れなかったら何周してもいいらしいけど、
僕だったら一生グルグルしてそうな気が・・・

まぁ、このシステムも
首都以外の州ではほぼないと思っていいと思います。
西ニューブリテン州では見たことありません。
IMG_20180202_142444

つまりは、そこまで車も多くないので
信号がなくても事故らず移動できちゃうみたいです。
この点はバイクビギナーには優しいポイント。

道のコンディションはその州、土地によりますが、
西ニューブリテン州のひどい所ではこんな感じ↓。
IMG_20180606_144117

良い所ではちゃんと整備もされてます。
しかし、そこでは信号もないのでバスの
運転手はとばしまくります(笑)気をつけましょう。

どんな車でも
ガタガタ道路は超減速して通らないと
バンパーが吹っ飛びます。

こんな感じで舗装されてるところは
道によって色々ですが、
パプアには舗装されてないような道も
たくさんあるので、車はこんな感じのごつい
トヨタのランドクルーザー
IMG_20180521_120740

バイクはダートも走れるような型がメジャーです。
IMG_20180323_172420

しかし、バイクは盗まれるからなのかなんなのか
知りませんが、パプア国内で見ることはあまりありません。

↑この写真のバイクも、
この後アイルパームの伐採現場に入って行ったので、
オイルパームで乗り回すようなのかもしれません。

簡単にまとめると、
パプアの交通事情はこんな感じですが、
要は、今までに他の国から援助で作ってもらった
道路がパプアにはたくさんあります。

しかしそれもうまくメンテナンス
できてなかったりするので、ボロボロ。

そもそも援助以外で道路はまず作られていないので、
舗装道路のカバー率もまだまだ。

なのでパプアでは州を超える時は
飛行機、船がメジャーになってきます。

なのでどこにでもいけるバイクを持っている隊員は
いいなぁ〜と思っちゃいます笑

その分いろんな講習やらなんやら
を受けているので忙しそうでもありますけどね…

以上がパプアの交通事情でした。

コメントで質問があった場合には
こんな感じで記事でコメントを返すこともできるので、
何か質問があれば気軽にコメントして下さい。

-まとめ・お役立ち情報

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.