青年海外協力隊の活動

病院へリマインド。(明日JICAボランティア来るよ~)

11/1

ついに11月になってしまいました。
最近時間がたつのが早い・・・

今日は明日来るJICAボランティア2人の

リマインドをしに峰松さんの勤務先、

キンベジェネラルホスピタルに行きます。

新隊員のお二人は病院関係の職種です。

なぜ、3人の中で一番病院から

遠い僕が行くかというと、

山﨑くんは午後の授業、

峰松さんは結婚式へ出席するために

一時帰国中(今日の午後帰ってきます)。

午後の授業がない僕が一番動きやすいので、
午後、学校に休暇をもらって

病院へ行きます。

病院のJICA関係を仕切っているのは

Drナレというお医者さん。

峰松さんのお迎えリマインドに行った時にも

病院内を散々探してこの人にたどり着きました。
今回も彼を探してみましょう。 

テキトーな受付みたいなところに

並んでスタッフと話をしようと

しますが、フツーに横入りされます。(2人ぐらいに)

IMG_20181101_114053

僕の姿は見えてるはずなんだけどなぁ…

※パプア人の視力は4.0あると言われています。

「きっとものすごい近眼なんだ。だってパプアだから笑」

と自分に言い聞かせて瞬時に合理化(もう慣れた。)

やっとスタッフと話ができて

「Drナレ、いる?」と聞くと、

「いるよ、いるよ!」と案内してもらえました。

話し中だったようで、

しばらく椅子に座って待ちます。

病院の建物内はエアコンと扇風機が

いたるところに設置されているので、

涼しいです。

IMG_20181101_114513
ここでなら何時間でも待ってやるぞ笑

そんなこんなしていると、

Drナレが出てきました。

IMG_20181101_120126

峰松さんの話を聞く限りでは、

彼は結構優秀なパプア人です。

流石、話してみると新しいJICAボランティアが
2人来るということを覚えてました。

しかし…

「え?でも彼らが来るの2日でしょ?

え?今日何日?あら!明日が2日か笑!」

という天然っぷり。

あ、やっぱりパプアだ・・・
↑ちょっと安心します笑

しかし、
ここからフットワークが軽いのがDrナレで、

「じゃあ、ドライバーを探そう!」

とすぐに動いてくれました。

結局なぜかドライバーはいませんでしたが、

「じゃあ、ドライバーに後で
連絡して明日ピックアップさせるから!」

とDrナレ。

「ホスキンスで僕たち
(自分と山﨑くん)も拾ってくれない?」

と頼むと…

「じゃあ、君の写真を撮らして!
ドライバーに写メ送っとくから!」

と対応も早くて適切。

こんな人もパプアにいるんだなぁ…と

感心しました笑

今回のDrナレはしっかり覚えていましたが、

JICAボランティアが任地に到着すると、

配属先の担当が忘れていたりして

見知らぬパプアの土地で迎えも何も無し。

なんてこともちょくちょくあるらしいです。

パプアでそれはマジできついので、

事前に電話とかで配属先とコンタクトを

とるようにJICA事務所からも言われます。

しかし、まぁ、結局ここはパプアなので…
それをやっても十分じゃない時もあります笑
 

今回Drナレは覚えていたけど

”明日”という自覚がなかったので

リマインドに行ってよかったです笑

この後、山﨑くんと街で合流。

ホスキンスで明日に備えます。

果たして、新隊員2人を乗せた飛行機は

予定通りホスキンスに来れるのか?

楽しみですね笑

-青年海外協力隊の活動

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.