ジョーダンみたいな事しか起きない国の総まとめブログ!

パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記)

青年海外協力隊の活動

え?な、なに…?何かやなことあったん?(日本語教室にて)

9/12
最近のネットの調子が悪いです… 
僕が使っている携帯会社の電波が悪くなる時は大抵
料金プランの変更とかがあります。

ここに来て3回ぐらい料金がコロコロ変わるので
正直ついていけません笑
(日本だったら考えられない急上昇急降下をしますからね…)

まぁ、それは置いといて。

今日は日本語教室をしました。
パプア人は言語能力が異様に高いので 、
すぐに実践で習った単語を使います。
「さよなら〜。ハットリ先生〜。」
とかいってもらえるので嬉しいですね笑

そんな感じで、今日は生徒たちが知りたいフレーズを
言い、僕が片っ端から訳していくことにしました。

授業冒頭。
「ミスター!」
頭のいい女の子がやる気満々で手を上げてくれました。

さぁ、最初のフレーズは何でしょう…
「“Shut up!” ってなんて言うの?」

えぇ〜!?一番最初にそれ来る?
と思いながら…
「う〜ん…『だまれ!』かな…」

そうするとすかさずその女の子が
「”Go away!” は?」

えぇ!?!?二番目それ?何かあったのか??
まぁ興味本位で聞いてるのか?と思いつつ…
『どっか行け!』かな?笑」
と答えます。

他の生徒も手を挙げていましたが、
「ミスター!これで最後!」
と言うのでその子を指名。

つ、次で普通な単語が来たら余計な詮索はせんとこ…
と思いながら聞いてみると…
「”Go to hell!” は?」

なんかやな事あったろお前!?

思わず聞いてしまいましたが、なんでもないとのことです…

僕に言ってないよね!?と一応確認して
にっこり笑って「『地獄に落ちろ』だよ。」
と教えときました笑

開幕冒頭から
「黙れ!」「どっか行け!」「地獄に落ちろ!」
という余りにもケンカ腰な単語達からスタートしてしまいました笑

なんだこの授業……笑

その他にも、
彼らが気になるのは主に
「あいさつ」
「数字」
「文字」

の3つのようです。

文字について彼らはアルファベット26文字を
基準にしているので、
日本は平仮名だけでも50文字あるよ!
と言うと驚きます。

平仮名は教えてもいいんですが、
全文字書くのがめんどくさいのと、
多分初めてみる文字をノートを取るのが
めちゃくちゃ遅い生徒たちが写すと、
写すだけで1コマ終わる(多分足りない…)
ので、今学期は会話表現だけに絞りました。
(自分の名前の平仮名、カタカナは既に渡してあります。)

板書はこんな感じで、
3E1583F3-0BCA-439E-BB3A-4E77C12B6F29
英単語または数字の下に読み方を書いてやれば、
彼らは黙々と写すのであんまり凝らなくても大丈夫です笑
↑山﨑くんに教えてもらった。

ちなみに、漢字の「億」↑を書いたときは軽く歓声が起きました笑

しかし、何回か「これ日本語に訳して!」
と言われたことはあるけど、
「黙れ!」「どっか行け!」「地獄に落ちろ!」
を聞いてきたのはあの子だけだったなぁ…笑

以上、日本語講座での出来事でした!
 

 

-青年海外協力隊の活動

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.