まとめ・お役立ち情報

日本からパプアに”財宝”を船で送るとこうなる(中身は…)

7/2
半年ぶりにパプアのJICA事務所に行きます。
目的は約半年間放置された財宝を取りに行くため。
DE4277DE-C4D7-4952-861A-69F00CA7A2AC
財宝といってもただの飲料水の箱です。

半年前、日本を出発する前の1/4に船便で
パプアに送った段ボール。実家にあった
段ボールの中で随一の耐久性を備えていた
のがこの財宝 。
810926E7-EBD5-4920-8B63-4DA6375DC228
↑やはり雑な扱いをされたのか、
くたびれ感が出てますね笑

中身は全部
コンタクトの洗浄液(2年分)

僕がこの2年間、使用する予定の
コンタクトレンズは2ウィークタイプ
ではなく、ハードコンタクトレンズ
でもない数年間使用できるソフトレンズ。

2ウィーク2年分よりもメンテナンス
込みで値段が安く抑えられます。
しかし、難点が一つあります。
数年間同じコンタクトレンズを使うだけ
あって洗浄液はちゃんとしたものを
買う必要があります。量も膨大になって
しまうため日本から輸送することにしました。

合計12キロ分。
(年始セールでまとめ買いした)

飛行機で送るととんでもない値段になりますが、
船便だと7800円
届くのに1〜3ヶ月かかると言われましたが、
1ヶ月半で首都のポートモレスビーについてました。
※日本出発時に任地の住所はわかってません

ですが任地に出発するのには間に合わなかったので
約5ヶ月間JICA事務所に格納されていました。

問題はここから任地にどう持って行くかですね…
めんどくせぇ…
 
任地の住所がわかってから日本から送ってもらうのがベストでしたね笑

-まとめ・お役立ち情報

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.