だってパプアだから パプアニューギニアの日常

パプア人は笑いの沸点が異様に低い。(パプアの鉄板面白話①)

11/18

Mrグニギムが何やら面白い話をしているようです。

彼の周りの先生たちが捧腹絶倒で笑っています。

 

服部「何があったの?」

と聞いてみると…

 

Mrグニギム

「いやぁ~それがなぁ~!」

と話し始めてくれました。

 

どうやら、この話は

Mrグニギムの末っ子ジェシーの話みたいです。

今朝、Mrグニギムがジェシーと一緒に

キッチンに行ってみると、知り合いのおっさんが

ブアイを吐いた跡があったそうです。

↑ブアイ(パプアのソーシャルドラッグ、覚醒作用があって噛むと唾液が化学反応で赤くなる。

パプア人はそれをどこにでも吐き散らかすのでこういう赤い染みがあちこちにある。※血痕ではない)

 

Mrグニギムはジェシーに

「あいつみたいな大人になるなよ?

をよく使える大人になるんだぞ?」

と自分の頭(おでこ)を指さしてジェシーに言ったそうです。

※Mrグニギムは日本人ハーフなのでこういう所がしっかりしてます。

 

するとジェシーが一言。

顔・・・?

 

どうやらジェシーはMrグニギムが

おでこを指さしながら言ったので

「頭」ではなく「顔」

を使うべきと言ったみたいです。

 

よくあるちっちゃい子の言い間違いですね。

かわいい。

 

ですが、

パプア人はこの話に捧腹絶倒。

笑い転げてます。

 

え~…パプア人の特徴ですが、

彼らは笑いの沸点が

異様に低いです

 

そして、文化の違い、

ケンカ好き、人の気持ちを考えられないなどの

特性から笑いのツボが少しズレています。

 

 

今回はその例として

パプア人の鉄板面白話を紹介したいと思います。

(なんか不意に思い出した)

彼らが口頭で話すだけなので、絵は自分で書きました。

 

時代設定は

近代文明に触れた

ばかりのころのパプア。

らしいです…

 

①大男と小男

あるところに背の高い男と背の低い男がいました。

※頭に乗っかってんのはアフロ。

二人は自分たちの耳をチェーン(ピアス)でつなぎました。

すると…

大男が立ち上がると小男が引っ張られ、

小男が引っ張ると大男がふらつきます。

たいへんだね。

以上!

これでパプア人は捧腹絶倒。

 

テレビとかでリアクション芸人が

やってたら面白そうですが、

ただの語りで大爆笑ですからね…

 

ちょっとよくわからんわぁ…

沸点低すぎ。

 

この他にあと3つ、鉄板の面白話があるんですが、

ちょっと写真が多くなり過ぎるので

2記事に分けます!

 

-だってパプアだから, パプアニューギニアの日常

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.