考えたこと・感じた事

日本よりも世知辛い。パプアの高校2年生、勉強への気持ち。

先日やった

アンケートの結果を集計しました。

簡単にまとめるとこんな感じ。

1 - コピー
やはり目を見張るのは

モチベーションの高さ

(4.4点/5点満点)

正しくこの質問を理解していない

生徒もいただろうし、

未回答の子もいたので、もっと

高得点をたたき出した可能性もあります…。

そして、

あんまり楽しくない

パプアの教育を受けてきた
にもかかわらず、

勉強を楽しいと答える生徒が多数…。

e
1:まったく楽しくない

と答えている生徒の割合が多いので、
もしかしたら勉強についていけていない

生徒の数が反映されているのかも…。

(パプアの教室内では日本以上に学力差が激しいです…。)

 

放課後の勉強時間は、
r

大体の生徒が
30分~2時間

という回答でした。

 

 

これはうちの学校寮の

ナイトスタディが
夜7~9時に行われる
ので
それに比例したのかな…?

IMG_20180328_193142

と思います。

1人の生徒が、

「ミスター、ナイトスタディは

7~9時の3時間だよ!

7・8・9!の3時間!

と言ってきたのには絶句しましたが、

まぁいいでしょう…

(0の概念・・・。)

 

そして、

就きたい職業が
決まっていない生徒は
おどろきの0人!

t
みんな自分のなりたいものが

決まってるんですね…
しかも大半が小・中学生の頃に
その夢を決めています…

 

ちなみに

なりたい職業一覧は

こんな感じ。

1

前の記事にもしましたが

逆境にも負けず、

モチベーションを保ち続ける

彼らには本当に頭が下がります。

IMG_20180502_130442
本当にすごい。

僕がパプアに生まれてたら絶対

セカンダリーの前でドロップアウト

してるだろうな…

アンケートを取ってから

生徒と少し話す機会もあって、

教師と法律家が

最もなるのが難しい職業

らしいです。

教師はゴロカの大学と

その他専門学校で、

法律家は首都の大学と

マダンにある法律学校で

免許が取れるそうですが…

IMG_20190313_111056
↑首都のPOM大学(日本で言う東大)

どれも狭き門で、

国家試験でいい点数をとる

必要があるんだとか…

本当に厳しい…。

でも、

これで厳しいと思っていた

僕はまだまだ甘ちゃんで、

大学卒業後も
進路が確定しない
生徒は
大勢いる
んだとか…。

首都とゴロカの大学で

活動されているシニアボランティアさんに

聞いた話では・・・

IMG_20190313_090634

卒業後の進路が
確定してるのは
先生くらい。

全体で見ると
約10~20%

の生徒しか就職先が
決まらないまま卒業するんだとか…。

まぁ、

お得意のPNGタイムや

追跡調査がうまく機能していない

可能性もありますが、

それにしても低すぎる…。

パプアで大学に進学できる
生徒なんて上位ほんの数%だけだろうに。

IMG_20190313_115901
それで就職先が決まらんって…

パプアの社会は

本当に世知辛いです。

まさに

がんばっても報われようがない。

がんばったら損をするパプアの

文化を象徴しています…。

こうしてパプアを見ていて思うことは

日本に生まれた
僕は本当に幸せ者です。

賃金が一番低いとか、

働き方がブラックとか、

子育てがしにくいとかで

「働きたい国ランキング」、

33か国中32位にランクインして

話題になっていたりしますが、

それでもパプアよりは良い!

がんばれば

まだどうにかなる可能性があるから。

彼らを見て

また元気をもらってしまいました(笑)

ボランティアでここに

来ているのに情けない…。

IMG_20181029_093800
彼らに負けないように

僕も残り任期、頑張っていこうと思います!

以上、

パプアの高校2年生の

勉強に対するモチベーションの話でした!

 ★関連記事はこちら↓★

-考えたこと・感じた事

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.