青年海外協力隊の活動

今日はお遊び授業。(日本もこれくらい余裕があったらなぁ…)

10/3

授業がしたいんですが、

*インゲンの芽が育つのにもうちょっと

時間がかかりそうなので、

今日はペットボトルロケットをしましょう()

※ちなみに開始3日目で既に芽が出始めました。早い。

f

まぁ、生物とは関係ないんですが、

こういう実験をパプアの生徒はしたことも

見たこともないので、本当にいい

リアクションをしてくれます。

「ミスター、この実験の名前なんて言うの?」

「これどうやって作るの?」

「うぉお!めっちゃ水かかった!

ワスワス(水浴び)じゃねぇか!()

「ミスった!全然飛ばん!!!」

 

とはしゃぎながら

やってくれるので教える方も

うれしいですね()

 

実はこのペットボトルロケット、

日本で作れるヤツとは少し違って、

飛ばすのに少しコツがいります。

※栓の部分がサンダルを切ったゴムになっているせい

IMG_20191003_113241

ちょっと日本語で説明するのも難しいんですが、

簡単に言うと、

ペットボトルの
抑え方と力加減が
変だと、
飛距離ゼロで暴発して

ずぶ濡れになるんです()

 

日本語でも説明が難しい

コツを英語とピジン語のミックスで

説明して後はほっときます(笑)

 

すると何回かやってるうちに

コツをつかんだ生徒が

ピジン語でうまいこと
説明してくれるので大体
うまくいくようになりますね。

d

僕のつたないピジン語も

彼らの説明力向上に一役買ってます()

 
彼らのピジン語を聞いてると

浅い表現しかできないピジン語で
よくあんだけ説明できるなぁ…

と感心してしまいます。

 

 

今回のロケットは

いい感じに飛んでくれました。

s

これで、

粉塵爆発もペットボトルロケットも

やり終ったので、彼らに見せたかった

実験は一通りやり終えました。

 

彼らが

近所の子どもや

自分の子どもに同じことをしてくれると

うれしいですね()

 

以上、

パプアでは生物の授業で

こんなことをしてても、

「お、なんかスゲェ実験してるな!」
IMG_20191003_104213

と言われるだけで全然怒られないよ~

って話でした!()

 

 

 

 

-青年海外協力隊の活動

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.