だってパプアだから

だってパプアだから…91(〇〇万円だろうが、すぐ壊す)

3/6

最近学校でよく聞く話があります。

それは…

「校長、高いプリンター

買ったのにすぐダメにしたな…

マジで金の無駄遣いじゃん…」

という内容。

今週(ウィーク6)になって

テストをしたい先生が

なかなかテストを印刷

できないために、イライラして

愚痴をこぼす先生がさらに増えています。

今日もまた

その愚痴を聞いたので、

実際にそのプリンターを

見に行ってみることにしました。

それがこちら。

DF1B83F8-2741-450F-BB87-85CBF2524A93
写真がブレブレですが

THOSHIBA

のめちゃくちゃいいやつでした…

「どこが壊れてるの…?」

と聞くと…

「黒のトナーが無いのよ」

とか

「なんか知らないけど動かないのよ」

と相変わらずみんな言うことが違います笑

(パプアは「わからない」と素直に言いません。
デタラメでもいいからとにかく情報出してきます)

その他にも、

この部屋にはおびただしい数の

プリンターがありますが、

全部壊れてます…
2D15E112-A698-4BA1-96E0-29E5BAEDDF7E
↑こいつも触ってみたけど動かんかった。

大体、これらの故障の原因は

「トナーが無い」か

「パーツがない、壊れた」

の二択なんですが、

不思議なのは、

この状態から何日経っても

状況が改善しないこと。

 

校長は販売元の

電気屋さんに修理を頼む

とか、トナーを買って来る

と毎回言っていますが、

その後どうなったのかは

全く報告がありません…

先生たちも毎回会議で

「トナーを買ってください」

「修理を依頼してください」

とは言うものの、

「なんでトナーが手に入らないんですか?」

とか

「なんで修理できないんですか?」

などの突っ込んだ質問はしません。

日本だったら校長は総スカン

食らうのは必至ですが、

パプア人は深く追求しないというか

「なぜ?(why)」
を使った質問を
しないのが特徴的です。

(単に思考が浅いのか、

文化なのか、何なのか…)

よくそれで、

この状態を納得できるな…

と毎回思ってしまいます。

だって

この新しい
プリンター、

18,000キナ
(約54万円)

してるんですよ…?

※フツーのパプア人がパートなどで稼げる時給は約3キナ(100円くらい)。

 

このプリンターが

使えない本当の理由はわかりませんが、

パプアでは結構大きなヘマやドジを

やらかしても大した事にはならないみたいですね…

(影で文句を言われるくらい。)

なんていうか、
パプアでボランティアをしていると、
自分が頑張って残したものも
こんな感じでアッサリ壊されるか、
放ったらかしにされそうで
怖いですね笑

JICAが
「技術協力・支援」
を掲げている本質が
わかった気がしました…

多分、パプアでは
DNCさんの橋みたいに
100年単位の耐久性のある
構造物でもない限り、
今回の54万円プリンター同様
壊されるでしょうね笑

だってパプアだから…

 

 

-だってパプアだから

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.