まとめ・お役立ち情報

パプア人の髪型事情。(生徒は髪を染めてもいいの?)

パプアニューギニア。
この”パプア”とは、ちぢれた髪のこと
を指します。(マレー語らしい…)

今日はこのパプアニューギニアという
名前の由来にもなった彼らの髪型について
まとめたいと思います。


まずは男子から。

男子のメジャーな髪形は以下の二つ。
DSC_0218
丸坊主(左)と、ちょい伸ばし(右)。

大体の男子はこの2つのうちどっちかです。
女子はアフロ並みに伸ばす人も時々いますが、
男子は完全なアフロにする人はいません。
やはり、日本と同じように男子は髪が短い方が
似合うという感じでしょうか・・・

ちなみに髪がくるくるなので、
伸びるのにも少し時間がかかります。

ここまでは日本男子とさほど変わりませんが
くるくるな髪だからできることもあります。
それがこれ。
DSC_0345
くるくるなので、
ちょっとでも髪に長さががあれば
こんな感じで毛束を作ることができます。

(手でやっとるらしい・・・)

ドレッドヘアーまでは行かないまでも、
こんな感じのちょい悪ヘアーは
男子の中でも人気です。
(度が過ぎると先生に切られますが、
基準がグスグスなので大体大丈夫。)

丸坊主にしても、
後ろにちょっとだけ毛を残して
毛束を作れば、オールバックで
髪を束ねているみたいに見せることもできます。

IMG_20190106_211817
↑サングラスをかけない時は、後ろ向きに
サングラスをかけて毛束に鼻の部分をひっかける
ことも可能(安定する)。

男子にとってこのくるくるの髪の毛は
ちょっとでも伸ばせば多少のハゲなら隠せる
優れものです。

それでもだめならスキンヘッドだけど、
もともと坊主の人口も多いからそこまで
違和感がない。

お次に女子。
DSC_0216
女子は完全にアフロのまま伸ばしている
人はほとんどいません。

一番メジャーなのが、
髪を全部まとめて頭頂部か後頭部で
(爆発)お団子にするタイプ↑。

頭頂部までの髪は
ストレートか編み込み。

時々ベリーショート(↑写真左から3番目)とか
完全にアフロのままの女子(↓写真一番右)もいます。
IMG_20180914_115213
↑ホスキンスの先生たち。偶然にも
5人全員違う髪型だった(笑)
*髪に旗とかをさせるのもキーポイント。

髪色はもともと
茶髪・金髪もいるので
完全に自由。染め放題。

男子は染めないままの
黒がメジャーですが、
女子は茶、金だけでなく、
青や赤にしてくることも。

(もちろん校則的にOK。)

生徒だけでなく先生もフツ―にしているので
おもしろいです(笑)

そして最近流行っているのがこれ。
DSC_0343
編み込み型のエクステ。

この上3人は全員先生なんですが、
最近までそこまで髪は長くありませんでした。

このエクステは金・赤・青
と派手な色にしておいて、自分の
控えめな黒や茶髪と合わせるのが
メジャーです。

日本の女性がするような
ストレートのエクステではなく、
編み込み型なのが面白いですね。
くるくるの髪に違和感なくつけれます。
DSC_0346
ちなみに子供用もあります↑。

まぁ、メジャーな髪型は
こんな感じですが、これに該当しないやつは
ヤンキーの髪型だと思っていいです(笑)

すんげ―ドレッドの髪型は
逆に見たことないな・・・

以上、パプアの髪型事情でした!
「染めちゃいかん!
パーマかけちゃいかん!」

って言ってる日本の学校の方が
世界的に見てみると
おかしいのかもしれませんね(笑)

-まとめ・お役立ち情報

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.