ジョーダンみたいな事しか起きない国の総まとめブログ!

パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記)

パプアニューギニアの日常

ひょんなことから陸路での最東端到達記録更新。

12/20

雨が降っていますが街へ行きます。

FAE58849-562A-462C-9290-E4262B273F06

いつもPMVに乗って行っていますが、

ここのPMVの乗り方には2通りあります。

3C45A2A5-61CA-4793-903C-4FF8F3C0A0B9
①空港方向から来た

PMVに乗るパターン。


②街の方向から来たPMVに

乗って、空港で折り返し、

そのまま街まで行くパターン。

(*料金は同じです)

先日ブログにも書きましたが、

後者の場合、3cのステッカーが貼られた

PMVに乗ると、空港を通り越して、

とんでもないところまで行くことになります。

まぁ、その前にドライバーに

「別のに乗って~」と言われるんで

大丈夫なんですが…

今回は②空港で折り返すパターンの

PMV(番号は3b:空港で折り返すヤツ)

に乗りました。

念のため、

「これタウンに行く?」

と聞いたら、ドライバーも

下車して来た人たちも

「行くよ~!早く乗りな~」

と言ってくれました。

そんな感じで、PMVに乗車。

普段通りに空港で折り返しをしようとすると…

「@々£^&$+]&€£〒々〆!」

理解不能な言語で乗客が

ドライバーに抗議し始めます…

あ、これ
ナカナイ語だ…

ここパプアには800を超える

言語があるので、州内でも沢山の

現地語が存在します。

ホスキンス周辺の地域では

ナカナイ部族の言語が主流です。

(山﨑くんの地域はタラシア部族)

公用語:英語(笑)

(あんまり話せない人もいる)

国内共通言語:ピジン語

自分の村の現地語

と3つの言語を『一応』

使い分けることのできるパプア人は

こんな感じで突然理解不能な言語で

会話を始めたりします。

今回は会話の中に

「~~~マウラビ~~~」

というナカナイ語で

「こんにちは」という言葉が拾えたので

何とか話している言語は解読できました。

しかし、何を話しているのかは

さっぱりわかりません……

ドライバーが散々ブーイングを受けた後、

「仕方ねぇな~」

という感じで空港を折り返して

数分経ったところで

彼らの言っていたことがわかりました。

これ、

東に行こうとしてる…

空港を折り返して、

バスはホスキンスの方に

戻らず、その逆方向へ。

EF91A221-0383-4A5D-9FD8-9C001B50A3FF

どうやら、乗客が

「自分たちの村まで乗せてけ!」

と抗議したようです…

やべやべやべやべ…!

と思いましたが、ここで降りても

バスは中々来ない&危ないので

彼らの村まで僕もついて行くことになりました泣

結局、最後の乗客が降りたのは

空港から30分ぐらいの距離にある

コロロという村。

BECB579C-4E17-4D0E-960D-E1D50035A559

以前無人島に渡る際に来た

ガバイバという村より

さらに東に来てしまいました笑

参照:URL

http://blog.livedoor.jp/hattori_png/archives/10242677.html
 

ホスキンスなどの大きなコミュニティ

から離れた場所の村の特徴ですが、

全裸な子供が多いです…

そして日本人を見るとソワソワし始めます。

7D937141-9D07-4245-93AE-C9FD89A62010

そしてここから空港まで戻り、

結局振り出しのホスキンスに戻るまでに

かかった時間は合計1時間、

ホスキンスから街まで行くのに1時間弱。

合計2時間の旅になってしまいました…

個人的には空港より

東側の様子が見れて良かったのですが、

今日じゃなくても
良かったな…

というのが正直な感想です笑

俺が乗るときに

「次のPMVに乗って~」

って言ってくれてたら

全て丸く収まったのに…泣

そしてナカナイ語じゃなかったら

空港で降りれたのに…泣

まぁ…料金はホスキンス~キンベの

料金しか取られなかったので

良しとしましょう笑

-パプアニューギニアの日常

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.