ジョーダンみたいな事しか起きない国の総まとめブログ!

パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記)

まとめ・お役立ち情報

ワイルドスピード級の暴走運転手ベスト3。in西ニューブリテン

9/21

街に行きます。
今まで100往復ぐらいホスキンス〜キンベ(街)を
移動していますが、時々 
「これ事故ったら100%死ぬよな…」
という運転をする車に乗り合わせることがあります。

パプアではお偉いさんが前の座席に乗る
文化なので事故ったらひとたまりもありません。
(よく「ボスマン!ボスマン!」と呼ばれて
前の席に招かれますが、こっちは気が気じゃありません)

今日は今までに乗った車の中で暴走ドライブ
ともいっていい危険運転をする運転手ベスト3
を発表します。

西ニューブリテン州に来た際には
車に必ず乗ることになるので、
以下の車に遭遇してしまった場合は
次のやつを待つか、乗ったらすぐに寝てしまいましょう。
(後者は物を盗られる可能性もあるのでオススメはしませんが…)

第3位
キンベジェネラルホスピタルのエディ

IMG_20180521_120740
↑同任地隊員、峰松さんの配属先キンベジェネラルホスピタル。

IMG_20180521_125436
↑救急車以外にも移動用の車が揃っています。

今からちょうど半年前、峰松さんを空港に
迎えに行くために病院から僕たちを乗せてくれたのが
このエディです(↓この写真を撮ってくれた張本人ですね)
IMG_20180423_164935

彼は街から空港まで最低でも50分はかかる道のりを
120kmで飛ばしまくって30分で完走した驚異のドライバー。

速さで言えばダントツのNo1ですが、道を熟知している&
止まるところはしっかり止まるので第3位。

唯一の個人でのノミネートです。

第2位
外国人ドライバー

(パプア人以外のドライバー)
IMG_20180714_080106

リゾート地もいくつかある西ニューブリテン州。
そのリゾート地では大抵外国人(オーストラリア人)
の方が働いています。
(↑の写真はワリンディリゾートの車)

ほとんどの場合、運転業務はパプア人が担当なんですが、
時々その外国人の方が運転手になることも…

ほとんど運転をしないせいか、
止まるべき所をブレーキなしで突っ切ろうとします…
IMG_20180606_144117
↑西ニューブリテン州の道路はかなりガタがきていて、
普通に走ったらバンパーを失うような穴ぼこが
ガンガンあります。

これだけならいいんですが、
この州にはマニュアルの車しか売られていないので、
エンストを嫌って減速せずに穴ぼこに突っ込む
ドライバーが多いです…

エンストしてもいいから
とにかく止まってくれ…!!(泣)

死にはしないだろうけど一番予測不可能な動きをするので第2位。

第1位
PMVドライバー

(特にガラスが吹っ飛んでるやつ。)
IMG_20180921_170609

PMVはパプアのバスですが、
そのドライバーでありながらデンジャラスな
運転をするドライバーは一定数います

危険度はダントツで、
車間距離は狭い、人をひきそうになる、
犬はひく、スパークしてる、スピード出し過ぎ。

道は熟知しているので、穴ぼこ前では止まるんですが、
それ以外ではやりたい放題…

今まで何台も乗ってきたPMVですが、
リアミラーにクマさんの
ぬいぐるみが引っ掛けてあるPMV2台と、
後ろのガラスが吹き飛んだPMV↓
IMG_20180921_173941
には乗らないことをオススメします。

特に後者は最悪で、今日この記事を書こうと思ったきっかけです。
前の車は煽るし、暴走運転で車の部品は吹っ飛ぶし、
対向車が来てるのにふざけて反対車線を走るし…

挙げ句の果てに
乗客から総スカンを喰らったら逆ギレして
Fuck you!と連呼しながら車を止めて
文句言った乗客を降ろそうとするし…

もうめちゃくちゃ…

今まで奇跡的に乗ったことがなかったのですが、
今日初めて乗って2度と乗りたくないな…
と思った唯一のドライバー。

JICAがPMVでの移動を推奨しない理由はこれなんだろうな…
と思いながらも、これに乗らないとどこにも行けないので
仕方なく乗っています。

皆さんも万が一西ニューブリテン州にくることがあれば、
上記の車(特に第1位)は回避するようにしましょう。

以上、ワイルドスピード級の暴走運転手特集でした。

 

-まとめ・お役立ち情報

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.