青年海外協力隊の活動

超特大テストを手書きで作ってみた。

8/1
今日新しい時間割が出揃い、
僕は当初言われていたグレード9を
見なくてもいいことがわかりました笑

どうやら理科主任が1年目は1科目に
専念させるようにと交渉してくれたようです。

 これで週6コマだけの授業しかなくなり、
ヒマになるかなぁ〜と思っていましたが、
結局Mrアーケのお守りと作る授業数は
同じなので普段より忙しいです…

そしてめんどくさいことに
またプリンターが壊れました。

プリンターが使えること自体恵まれているんですが、
先週やっと壊れているのが治って、
1週間もしないうちにまた壊れました。

校長は修理屋を呼んでる呼んでると言ってますが、
ここはパプア です。そんなすぐに来るはずありません…
しょっちゅう壊れるの目に見えてるんだから、
もう雇えばいいのに…

そんなわけで第4週目に行うはずだった
テストが印刷できなくなりました。

これは結構死活問題で、
僕だけでなく、全ての教科は第4週から
テストを行うので、全テストが延期されて
いることになります。

僕も延期しようかと思いましたが、
1週間遅らせると生徒のモチベーションも
下がるし、どんどん忘れていくしで
いいことがないと思ったので、
ポスターにテスト問題を書いて
答えだけ生徒に書かせる方式で
やってみようと思います。

小学校などではコピー機が
あまり使えないようで、同任地の山﨑くんは
この方式でテストをしているそうです。
大変ですね(他人事)

テストの問題は20問。
生物は図が多いので苦労しましたが、
案外サクッとできました笑
0BCAA33C-2D9A-494E-8CC1-F29F3628CAF3
疲れたけど達成感ハンパないですね笑

図の部分はほとんど授業で使ったものを
再利用しています。

何とか黒板に全問題収まりましたが、
問題は黒板にこれを貼れるかどうか…

パプア の黒板は本当にクソで、
書きにくい、マグネットつかない、セロテープ
つかないの3拍子が揃ってます。

セロテープがくっつかない黒板って意味が
わかりませんが、マジでくっつきません。

材質は板というよりゴツゴツした岩みたいな感じです。

教室によりますが…(生物室は結構マシ)

明日はMrアーケとこの問題のセッティング
をします。

-青年海外協力隊の活動

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.