パプアニューギニアの日常

検査キット事件(新卒に頭が上がらない24歳11か月)

2/22~2/23

2/22に発熱してマラリアの検査キット
を開けてみるか・・・
(JICAボランティアでマラリアの感染の
恐れがある国では検査キットが渡されます。)

しかし・・・
探しても探しても、検査キットが
ありません・・・

どうやら首都のPOM(ポートモレスビー)
に置き去りにしたか、荷物整理の時に誰かの
荷物に混ざったかのどっちかのようです…

しかし、検査は行う必要があります。
同任地(40km離れてる)の山﨑君と
町で落ち合い、検査キットをもらうことに。

本当にありがとう!山﨑君!
(既に新卒の山﨑君に頭が上がらない笑)

家に帰って検査をします。
検査キットは下の写真のような感じで、
IMG_20180223_184659

①針を指に刺し、血を出す
②その血を棒につけて、真ん中の穴に移す
③右の穴に検査液を流し込んで、
マーカーの出る位置を確認

と、かなり簡単です。
もし使い方がわからない、英語が読めない
としても使えるように図で構造化がなされ
ています。(すげぇ。よくできてる…)

注射が嫌いなので①のハードルが高かった
ですが、頑張りました(笑)

多分同期で一番早く検査キットを
使ったのでは・・・?

-パプアニューギニアの日常

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.