パプアニューギニアの日常

こいつら、ぜーんぶ同じ魚!?(パプアの魚買ったみた)

5/29

街に来ました。

目的は実験に使う魚を買うためです。

 

現在、内臓系の授業と

動物の栄養の取り方についての

授業をしているので、

解剖用の魚を探しに来ました。

 

パプアのスーパーには

こんな感じで魚が冷凍されて

売られています。

IMG_20190529_150157
パックの中には

色んな種類の魚が入ってますが、

こいつらの名前は全部
Reef fishらしいです。

 

こんなカラフルなやつも…
IMG_20190529_150251
Reef fish。

 

こんなにでっかいやつも…
IMG_20190529_150212

Reef fish

 

ぜーんぶ、Reef fishです()

流石はパプア。
テキトー度が違います。

 

 

パプアにも

魚の名前の文化はちゃんとあるんだから、

1匹のやつぐらいはちゃんと名前つけてやればいいのに…()

※彼らはクラウンフィッシュ(ファインディング・ニモの魚)の名前もきちんと知っています。

 

 

そんな感じで小さなツッコミを入れながら、

小さくて量がたくさん入ったやつを買って帰宅。

 

十分に解凍した後、

試しに解剖してみようとすると…
IMG_20190529_190822

あ、内臓全部抜かれとる…

 

マーケットの魚は

ほとんど内臓を抜かれないまま

炎天下の直射日光にさらされながらでも

売られていますが、

まさか冷凍のやつは下処理が

ちゃんとされているとは…

基本的にパプア人は

魚の内臓を抜きません。

 

無人島に行ったときも

全ての魚は内臓・えらつきのまま

丸揚げにされてました。

IMG_20180623_103651
↑なんならウロコもそのままついてる。

スーパーのやつもきっと同じだろうと

タカをくくったのが間違いだったのか…

※マーケットにも行ったが、手ごろなサイズの魚がなかった。

無理してでも買っとくべきだった…

 

念のため、いつも色んなものを
買っている山﨑君にこのことを
話してみると…
普通は冷凍のものでも
内臓は入ったままらしいです。

なぜ、よりによって
今回だけ全部内臓がないのか…!

まぁ、
魚の内臓を目当てに
魚を買いに来る人もいない
ので、いい意味でパプアが発展したんでしょう…

 

 

街まで頑張って魚を

買いに行ったにもかかわらず

全くの不作だったので、

頭に来て数年ぶりの

煮付け料理をしてやりました。
IMG_20190529_194118
※カレー以外の料理を作ったのも半年以上ぶり…

 

おいしかったです()

 

明日は解剖をする予定だったので、

授業の準備を全くしてません。

どうしよ・・・

 

まぁ、何とかなるでしょう…

 

以上、

僕は街まで往復2時間

何をしに行ったんだ…

という話でした!

 

 

-パプアニューギニアの日常

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.