だってパプアだから パプアニューギニアの非日常

これがパプア流!?空港の噴火対応に振り回されてます…

6/28

相変わらず火山の影響で首都にいます。
f

↑日本でも火山の記事が取り上げられていますね…

ウラウン火山は結構な火山だったようです。
無題
(↑パプアの記事で得られる情報よりも情報多い気がする…)

 

昨日の午後、航空会社に

いつ飛行機が飛ぶのか問い合わせたところ、

「明日電話してくれ。」

と言われたので、早速電話します。

 

しかし、

ここでの彼らの対応は…

「今日の午後に
また電話してくれ。」

 

め、めんどくさ…

 

地味に今月ピンチなのに

何度も何度も電話代を支払うのは結構きついんだが…!?

 

ですが、従うしかありません。

 

しかし、こうも何回も電話しろと言われては

困るので、午後は直接空港に行ってみることに。

  

そしてやってきました

首都・ジャクソン空港。

IMG_20190628_131824
 

JICA寮から車で約20分と、

微妙に距離があります。

 

 

電話対応の人だと、

らちがあかないので直接空港の

サービスカウンターで聞いてみることに。

IMG_20190628_131818

 

服部

「あの、ホスキンス行きの便のことで

聞きたいことがあるんだけど…」

 

空港スタッフ

「あ~、それでしたら、

午後にまたここに来られるか、

ここに電話してください。」

 

差し出された

電話番号がさっきもかけた電話番号だったので、

どうやら、対応が決められているようですね…

 

 

服部

「あ~…わかりました。

じゃあ、明日の午後また連絡します。」

 

空港スタッフ

「いえ、“今日”の午後ですよ!」

 

服部

「はぁ?」

(今すでに午後なんだが?)

※現在午後1時半。

 

「あの、既に今日午後なんですが…」

と食い下がると…

 

空港スタッフ

「午後5時に電話して!」

とのこと。

 

 

わかりづれーわ…()

 

仕方がないので

午後5時に再び電話をすることに。

 

JICA~空港の移動が無駄に

なっちゃいましたね…

 

 

しかし、

ごねても仕方ないので、

午後5時に再び電話。

 

すると今度は…

「明日の朝5時に
また電話してくれ!」

とのこと。

 

うん。わかった。

結局よぉわからんってことやな…()

期待した僕がバカだったよ…

5時に電話して

君ら空港で対応できるのかよ…

 

まぁ、いいです。

向こうがテキトーなら

こっちもテキトーな感じで

動いてやりましょう…

 

 

結局使わなかったら、

このチケットの金額帰って来るんだろうか…

 

火山自体は既に落ち着いているらしいですが、

普通なら噴火が落ち着くまでに

47日必要らしいので、

もしかしたら噴火が収まっていても

念のために欠航にするかもしれませんね・・・

 

最近活動にあまり

集中できていないので、

早く帰って3学期の準備がしたいんですが
しかたありません。

 

果たして僕は帰れるのか…

首都でモヤモヤ生活はまだまだ続きます。

 

以上、

日本でこんな対応したら一発で

クレームの嵐になりそうですが、

パプア的にはまぁまぁ妥当な対応かな…

と納得してしまった出来事でした!

※ウソのフライト情報をつかまされるより100倍マシ。

 

 

 

-だってパプアだから, パプアニューギニアの非日常

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.