パプアニューギニアの日常

パプアの出願の仕方。(大学編)

10/12昼過
学校をふらふらしていたら、
見慣れないピシッとした格好の
女の人がいます。

なんとなく雰囲気的に
首都っぽい人のような気が…

気になったのでついて行ってみると、
生徒の群れに出くわしました。

さっきの人と一緒に
パソコンで何かしています…
0D734FF4-B059-4C73-ADFA-8274D6F78EB3

生徒の1人に聞いてみると、
彼女たちは首都から来た教育関係者のようで、
来年教育系の大学や専門学校に行く生徒たちの
情報をインターネットに登録しているようです。

簡単に言うと出願書類書いてるみたいな感じか…?

DD1FF9F2-6FB2-4E65-AB95-6DB275D687D3
この取り組みは今年から始まったようで、
このお姉さんたちは首都からわざわざ出張
で来て、西ニューブリテン州にある全部の
セカンダリースクールを回っているようです。
(まぁ、この州にセカンダリーは3校しかないけど)

じゃあ、
今までは一体どうしていたのか…聞くの忘れた。

しかし、教育系の志望者は
結構多くてお姉さんたちも大変そうです…

こんなに沢山の志望者がいるのに、
教育系の大学はゴロカ州にある大学1校のみ。
たぶんあの実習生が通っていた学校ですね。

他にも教育系の専門学校は
あるようですが、やはり大学の数は
少ない気がしますね…

西ニューブリテン州には大学はありません。

州を移動するだけでも結構なお金がかかるのに
大変ですね…特にパプアは離れ島が多いので。

グレード12の試験はいよいよ来週!
みんな志望のところに行けるといいですね。

以上、最新のパプアの出願?方法でした!

 

-パプアニューギニアの日常

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.