パプア人との共同生活

ゴロカからの教育実習生、襲来。

7/22
 今日は朝の2時から複数の
クソパプア人が酒を飲んで
うるさかったのでキレました。

うるさい。
帰れ。

と不機嫌そうに静かに言うと、
「わかった。音量下げるよ。」
と帰ろうとしないので

音量は関係ない。
今すぐ帰れ。

と淡々した口調で言ってやったら帰りました。 

すぐに帰ろうとしないところが腹が立ちますが、
もっと腹がたつことは、
奴らがなんで僕が怒っているのか
理解していないことです。

その証拠にその5時間後の朝7時からまた
ここにきて騒いでいました。

よっぽど言おうかと思った瞬間に
帰り始めたので文句は言えず…

結局あまりよく眠れなかったので、
昼からまた寝てしまい、結局今日はやろうと
思っていたことができませんでした…

奴らを警戒してブレンディ来なくなるし…怒

次やったら校長にチクって
Mrアウネナイ(こいつが首謀者)を
ここからしめ出す…怒

そんなパプア人へのいらだちが
たまっている時に、新たな入居者が来ました。

ゴロカという本島の山岳地帯に位置する
大学からの教育実習生5人です。
(出身地はゴロカではない)
4456F09A-ADE1-47BA-92D0-F71439718C49
左からラブリン、オートニエル、ジョン、スタンディ、アーケ。

みんな僕より年下の
20、21歳らしいです…

パプア人は10代後半から急激に老け込みます…
紫外線のせいか…?

ほとんどの先生が理科の教科で5週間
ここに滞在するようです。
なげぇ…(日本では2〜4週間)

教育実習生が来ることは別にいいんですが、
ここに住まれるのは
正直イヤです笑

たたでさえ共用スペースが狭いのに…

校長は今開放していないもう一つのトイレ、シャワー
、キッチンの鍵を持っているはずなんですが、
なぜか今日はそれを開放しませんでした…

今日たまたま開放しなかったのか、
今後5週間も開放する気がないのかで
かなり状況が変わります…

とにもかくにも、今はパプア人への
怒りがたまりやすい心境なので、
冷静に適度にブチギレていこうと思います。

明日は祝日ですが、終戦記念の
式典があるそうです…

朝早くからドタバタ準備しそうで
イヤな予感がします…

 

-パプア人との共同生活

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.