パプアのペット

ブレンディの帰還。(野生の犬は大変だな…って話。)

3/10

久しぶりに

ブレンディがうちに帰ってきました。

※人んちの犬。

IMG_20190310_142233

実はこの2週間ほど

ブレンディはメス犬狩りに出かけていて

ほとんどうちに帰ってきていませんでした。

IMG_20190309_130128

↑発情したメス犬を追いかける

オス犬達(ブレンディ、アホ犬、パイロ)。

 

ここ2週間当たり、

ほとんど飲まず食わずで

メスを追っかけていたためか、

体のあちこちが骨ばっています…

 

相当疲れているのか、

ぐったりして常に居眠り状態です。

IMG_20190310_180343

かなりおなかもすいてそうだったので、

いつもの2倍ご飯をあげたら、

一瞬で完食しました()

(お茶碗で山盛り一杯くらい)

 

発情期の期間中は、

誰かが発情すると

連鎖的に皆発情するのか、

ホスキンス全体の犬たちが

1~2週間にかけて

お互いを追いかけまわします。

 

その際、

一匹のメス犬をめぐって

壮絶なバトルになるので、

オス犬はズタボロに…

 

その中でもブレンディは

毛が黒いためか、キズがめちゃくちゃ

目立ちます。

 IMG_20190310_142523

 

今回は顔面の傷はそこまで

ひどくなかったのですが、

右前足に深手を負ったのか、

片足を引きずっています。

 

時々、何もしなくても痛むのか、

寝っ転がっている最中に

痛そうな鳴き声をするので

痛々しいです・・・

 

かわいそうに…

 

そんな状態になってまで

メス犬を追いかけるということは

子孫を残すことがいかに大切かを

表していますね。

 

野生の世界は厳しいです。

 

でも、

ここパプアに来て思うことは、

犬って超頑丈。

 

正常に動く

足が3本になろうが、

2本になろうが元気に走り回っている

犬は結構多いです。

(野生の犬は異常にたくましい。)

 

ブレンディも

いくら痛そうに

足をひこずっていても、

数日たてば回復しているので、

今回もそんな感じでしょう。

 

がんばって早く治してほしいですね。

 

ここ最近忙しい&

小さなイライラが立て続けに

起きているので、

ブレンディが帰ってきてくれたのは

非常にありがたい。

IMG_20190310_142705
明日もブレンディのために

生きねば・・・

(↑仕事はがんばらない()

 

-パプアのペット

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.