パプアニューギニアの日常

多分今年最後の◯◯◯◯。

12/6昼。
食べ物が無くなったので、
街に上がります。

色々買い物を済ませたあと、
大嫌いなバスを待つ時間のスタートです…

街でバスを待っていると、
パプア人の有象無象が話しかけてきて
めんどくさいです。

普通の人ならいいんですが、
酔っ払いや、ブアイを噛んでる奴に絡まれると
もうマジでめんどくさい…

すぐにイライラしてしまいます笑

案の定何人かに声をかけられたあと、
とんでもない奴に遭遇しました…
(やっぱり日本人はそこにいるだけで目立ちます)

完全に千鳥足で、目が虚で、
手に酒瓶を持ち、ズタボロの服で、
みんなに話しかけまくっている
スパークマンです…

「うわぁ〜絶対こっちくんな〜!」
と思っていましたが、その思いも虚しく、
「おっ!?お前は誰だ!?」
と声をかけられてしまいました…

近くに来ると超酒くせぇ…!
こんな酒臭いパプア人は初めてです!

「あぁ〜!詰んだ〜!!」
と思いながら、ダメ元でめんどくさそうに
「ゴー アウェイ。 ゴー アウェイ。」
(どっか行け。どっか行け。)と言うと…

「オ〜ケ〜。ミ〜、
ゴ〜 アウェイ〜。」

(わかった。どっか行く〜。)
とすんなり消えてくれました。

助かった〜!!!
いつも「ゴー アウェイ」は言っているんですが、
酔いどれにそんな言葉は効きません。
かなりレアなケースでしたね笑

そんな感じで、引き続きバスを待っていると
今度は売り子の人が話しかけてきました。
「1キナ…!1キな…!!」

こいつもブアイ(ビートルナッツ)を食って
ちょっとおかしくなっています…
(本当にこの国は漫画になりそうなおかしな国です…)

何を売っているかわかりませんが、
1キナ、といえばブアイ。
そんなもんいらん!
という調子で追っ払うと…

「1キな!1キナ マンゴー!
と言い始めました。

ちょっと待て。
3つ、いや4つくれ。

(パプア人は一番大事なことを最後に言う)
9E42907D-5664-4957-850E-3496D4B10687
西ニューブリテン州では完全に
シーズンが終わったマンゴー。
しかも、ここでは見たことのない
スメルマンゴー
(匂いがすごくいいマンゴー)です。

なぜあんたが持っとるんだ…
そして、歩き売りのスタイルなんだ…
と心の中でツッコミを入れながら
マンゴーゲット。

約1ヶ月ぶりのマンゴーです!!
F7D604CA-8CAC-4488-903A-59BEF3CDB3CA
↑ちょっと繊維質だったけど、
やっぱり破格の甘み。うまし!!!

きっとこれが今年最後のマンゴーですね…
(西ニューブリテン州のマンゴーのシーズンは
6月〜10月のドライシーズンです)

切らなくても手軽に食べれるマンゴーは
ドライシーズンの大きな楽しみでした。

来年また会おう…!

いつもは苦痛でしょうがない
バスの待ち時間ですが、
今日は珍しくラッキーな待ち時間でしたね笑
(結局バスは1時間待っても来ず、仕方ないので
スクールトラックにすし詰めにされながら帰りました)

 

-パプアニューギニアの日常

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.