パプアニューギニアの非日常

ゴロカのマーケットで売られているものが他の州と全然違う件について。

ゴロカのマーケットが他の州と

かなり違っていたので記事にします。

僕が訪れた日のゴロカのマーケットは

週末のため、店舗数がかなり少なかったらしいんですが、

それを加味してもおそらく今まで訪れた

マーケットの中でも最大規模のものでした。

 

人と規模の大きさが違うというのは

一目瞭然なんですが、それよりも目を引くのが

売っているものが全然違う!こと

 

他の隊員が住んでいる地方よりも

気候がかなり寒いため、

売られている野菜が全然違います。

 

キャベツなどの僕の州ではほとんど見かけない

葉物野菜が大量に売られていたり

(隣のニンジンもかなりきれいで大きい。うちの州のは小汚くてまずいです)

 

ここらへんでしかとれない

現地野菜も数多くありました。

↓こんな野菜今まで見たことない…。

※藤井さん曰く、これ系の現地野菜はあんまりおいしくないらしいです(笑)

 

逆に、パプアで最もメジャーな葉物野菜、

アイビカは全くありませんでした。

パプアなのに信じられない…

(時々出回るらしいですけどね…)

 

さらには、

パプアではめったに見られない

イチゴも売られてます

ここら辺の標高になると、

ベリー系の生産もできるようです。

 

そしてなんか

フルーツが異様に甘ぇ…。

パイナップルはうちの州でもとれますが、

売られている数がケタ違いで、カットされたものも

売られているのでかなりお手軽に食べられてサイコーです(笑)

(1つ50トヤ:15円 )

↑芯まで甘いヤツ。全然酸っぱくない。調子に乗って3つ食ったら腹がパンパンになった…

 

 

そして

シュガーフルーツが

すんげー甘かった…。

うちの州でも同じやつがあるんですが、

こいつ↓はパッションフルーツ。

どうやらこの2つは同じ種らしいですが、

外面の色がオレンジ色のものを

シュガーフルーツ。

紺色・またはそれ以外の色のものを

パッションフルーツと呼ぶみたいです。

 

日本人としては

パッションフルーツの方がなじみ深いですが、

おいしさは圧倒的に

シュガーフルーツの方が勝ってます。

 

パッションフルーツの方が、

種の周りが黄色で見た目が映えるので、

フルーツジュースとかにする分には

こっちの方がいいのかもしれません。

 

この他にも、なぜか

ピーナッツとセットで

スライスされたしょうが

が売られていたり…

(こっちの人はしょうがをかじりながらピーナッツを食べるのが一般的みたいです…)

 

 

高山地帯特有の

木を編み込んだ工芸品がたくさん売られていたりしました。

↑ぐっぺら。(けっこうよい。)

 

州が変われば文化が全くちがうと言われる

パプアニューギニア。

 

まだ旅行1つ目の州ですが、

早速それを感じることができてます。

 

この先の他の州も楽しみですね(笑)

 

 

-パプアニューギニアの非日常

Copyright© パプアニューギニア JICA海外協力隊ブログ!(パプア服部くんのPNG日記) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.